学ぶ

北海道の桜の種類とは?エゾヤマザクラ&チシマザクラの特長

編集部
Written by 編集部

北海道の桜の種類とは?エゾヤマザクラ&チシマザクラの特長

 北海道で見られる桜は、全国で見られる桜と、主に北海道だけでしか見られない桜とがあります。全国で見られる桜としては、ソメイヨシノがあります。北海道特有の桜としては、エゾヤマザクラ、チシマザクラがあります。

 地域で見ると、道南ではソメイヨシノを多く見ることができます。北上すると、道央ではエゾヤマザクラが多くなり、道東ではチシマザクラが多く見られるようになります。道内で見られる"桜3姉妹"のプロフィールを紹介しましょう。

ソメイヨシノ(染井吉野)

 日本各地で見られる代表種。高さは10m~15mで、花はエゾヤマザクラに比べて少し薄いピンク色です。寒さに強いわけではないことから、道内ではほぼ道南・道央でしかお見かけしない種類です。石狩市厚田区の戸田記念墓地公園が北限とされます。

エゾヤマザクラ

北海道の桜の種類とは?エゾヤマザクラ&チシマザクラの特長

 北海道内ほぼ全域で見られる桜。アイヌ語「カリンパニ」。オオヤマザクラともいいます。寒さに強く、ソメイヨシノよりも寿命が長いことで知られる桜で、エゾヤマザクラは道内のほとんどの地域で見ることができます。桜開花宣言の標本木では、道内のほとんどの地点で採用されています。

 ソメイヨシノに比べて、「きたない」と言われることが多いエゾヤマザクラ。その理由は、花の開花とほぼ同時に葉芽も開いてしまうので、満開状態においてもきれいなピンクだけの木にならないということ。満開を過ぎると茶色っぽい葉っぱが花にまぎれて台頭してしまうため汚く見えるというわけ。

北海道の桜の種類とは?エゾヤマザクラ&チシマザクラの特長

 しかし、花自体はきれいです。ソメイヨシノよりも濃い紅色がほとんどです。花のサイズは2~3cmほど。樹木の高さは7m~15mにもなります。開花はソメイヨシノよりも若干速いため、ソメイヨシノを標本木としている札幌市では、開花宣言前に円山公園のエゾヤマザクラが開花するという状態になっています。

チシマザクラ

北海道の桜の種類とは?エゾヤマザクラ&チシマザクラの特長

 主に道東・道北で多く見かける桜。道内と千島列島・サハリンに分布する種類で、道外では本州中部以北の山地に生育します。宮部金吾博士が名付けた「チシマザクラ」のほか、「エトロフザクラ」という別名があり、根室では、国後島から持ち込まれたことから「クナシリザクラ」と呼ばれます。

 特徴は、背が低いこと(高さ3m~5m)。そして、幹が短く、枝が分かれて横に広がっていくこと。桜の花びらが足元から上・横に広がる感じです。寒さの厳しい地方でたくましく生育するイメージが強い種類です。

北海道の桜の種類とは?エゾヤマザクラ&チシマザクラの特長

 花の色はおもに白色。他にも、ピンク色の花を咲かせるものがあって、木によって異なります。花は、咲きはじめと満開で色を変えます。あるものは咲き始め薄い紅色、満開で白色、咲き終わりに紅色になります。

 花のサイズは2cm程度です。場所によりますが、5月から7月にかけて花が咲きます。開花期間はほかの種類に比べて長めで、1週間から10日間ほど花を咲かせています。

 桜前線最後といわれる日本最東端・根室の標本木となっていることから、桜前線の終わりを告げる花と言われます。チシマザクラの名所といえば根室市の清隆寺。5月になると、樹齢約150年のものを含む30本のチシマザクラが花を一斉に咲かせます。自生群落では利尻島利尻山南部のものが大規模です。道央で見たければ、たとえば小樽市手宮公園に行くと見れます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。