学ぶ

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

早川千尋
Written by 早川千尋

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

6月、初夏。札幌の街中や公園を歩いていると、ワタのようなものが飛んでくることがよくあります。「タンポポの綿毛かな」と思い手に取ってみると、意外と大きくてタンポポよりも丈夫。手触りはふわっとやわらか。足元をよく見てみると、道端や公園の地面が、そのワタで白く覆われています。 「きれい!」「うっとうしい!」皆さん思うところはそれぞれあるとは思いますが、このワタの正体はいったい何でしょう? 実はこれ、ポプラの綿毛なんです。

ポプラって? 綿毛ができるまで

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

ポプラは、北海道大学のポプラ並木や真駒内公園、石狩街道などで見かける落葉広葉樹。別名、セイヨウハコヤナギ。美唄市の木として指定されています。高さは20~30メートルほどで、遠くからは背の高いホウキのような形に見えます。ポプラの学名Populusには「震える」という意味があり、わずかな風にもポプラの葉がそよぐことからつけられました。

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選
まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

ポプラは4・5月に開花し、5・6月に実が成熟します。その後、果皮が割れ、中から飛び出てくるのが白い綿毛。その綿毛こそが、この時期街中を浮遊しているワタなのです。

綿毛舞う街、公園に雲ひろがる

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

ポプラの木から少し離れた市街地でも、軽い綿毛は風に乗って運ばれてきます。街中でたくさん舞っているのだから、木の近くはもっとすごいのでは? その通り、ポプラの木の下はまさに、幻想的。まるで、やわらかな雲のカーペットが敷かれているよう。この風景はよく「初夏の雪」と表現されます。

お待ちかね!ポプラの綿毛スポットご紹介

初夏にしか見られない、そんな儚くも美しい風景はいったいどこで見られるのでしょうか。 今回、9ヶ所の綿毛スポットへ行って来ました。

(1) 前田森林公園(手稲区)

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

水路を挟むようにして、240本ほどのポプラ並木があります。柔らかな芝生と綿毛の感触、噴水の爽やかな音が相まって、日常を忘れられるような森林浴が出来そうです。

(2) 農試公園(西区)

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

琴似発寒川沿いにたくさんのポプラの木が並んでいます。農試公園は親子で楽しめる施設がたくさん。川のせせらぎを聞きながら、親子で綿毛鑑賞はいかがでしょうか。

(3) 八紘学園(豊平区)

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

花菖蒲園で有名な八紘学園ですが、240メートルにもなるポプラ並木も隠れた名所。美味しいと評判のソフトクリームを食べながらの散歩は気持ちが良さそうです。(ただし、綿毛がソフトクリームにつかないように注意!)

(4) 羊ヶ丘展望台付近(豊平区)

まるで雲のカーペット! 初夏の風物詩「ポプラの綿毛」スポット9選

羊ヶ丘展望台へ続く道路に、ポプラがずらっと並んでいます。今回じっくりと見ることができませんでしたが、車の中から道路に綿毛を確認することが出来ました。

AirBookmark

筆者について

早川千尋

早川千尋

旭川で生まれ、札幌・釧路・函館を転々とし、札幌に落ち着く。カエルとものづくりが大好きで、特に消しゴム・石はんこや石鹸作りに情熱を注いでいる。心躍る面白い店と野生のカエルを求め、自転車とJR・地下鉄を駆使し札幌市内を放浪する。