味わう

次の日でもサクサク!道内素材のアップルパイ専門店「かぐらじゅ」

早川千尋
Written by 早川千尋

次の日でもサクサク!道内素材のアップルパイ専門店「かぐらじゅ」

「アップルパイは、焼きたてが一番おいしい!」 この意見には、大半の方に納得して頂けるかと思います。しかし、おいしいアップルパイを「持ち帰って家でゆっくり味わいたい」と思うこともまたしかり。時間が経ってもおいしいアップルパイ、そんなものあるわけない!? 驚くことなかれ、今回ご紹介する「焼きたてアップルパイの店 かぐらじゅ」のアップルパイ、次の日でもサックサクなんです。

創業28年、元町にあるアップルパイ専門店

次の日でもサクサク!道内素材のアップルパイ専門店「かぐらじゅ」

場所は元町。東区役所から東8丁目篠路通りを北上すると、アップルパイののぼりとソフトクリームの看板が見えます。木製の屋根には「焼きたてアップルパイの店 かぐらじゅ」の名前が。ドアを開けて入ると、真っ先に目に飛び込んでくるのが、ところ狭しと並んだ三角形のパイたち! ああ、どれにしようか悩んでしまいます。

今回お話を伺ったのは、店主の山谷玲奈さん。創業は1984年、店舗は西区にありました。元々常連客で、「かぐらじゅ」のアップルパイが大好きだった山谷さん。以前のオーナーがご高齢で引退するとなったときに、「かぐらじゅ」を譲り受けることになったそうです。その後東区の店舗に移転、昨年7月15日に姉妹店「焼きたてアップルパイとカフェ Pie Queen」もオープンしました。

道内食材にこだわりあり!添加物を出来るだけ抑えた自然なおいしさ

通年で販売しているのは、一番人気のアップルパイ、小倉パンプキン、ポテトクリーム、あずきの4種類。「おいしいものをおいしい状態で」をコンセプトに、毎日お店でパイを焼き上げているため、いつでも出来たて。

▼ポテトクリームパイとアップルパイ
次の日でもサクサク!道内素材のアップルパイ専門店「かぐらじゅ」
次の日でもサクサク!道内素材のアップルパイ専門店「かぐらじゅ」

素材本来のおいしさを味わってもらうため、自然以外のものをできるだけ加えないという工夫をしています。例えば、アップルパイは砂糖やシナモンを出来るだけ抑えていて、甘さ控えめ。リンゴ好きには相当嬉しい味です。甘すぎないアップルパイは、男性にも人気。

素材はどれも、道内産のものを使用。りんごは余市産を中心に、ジャガイモは十勝のインカのめざめ、アズキも十勝産、かぼちゃは道内産の有機かぼちゃを使用しています。「北海道の色々な地域のリンゴを仕入れて、アップルパイにすること」が今年の目標なのだとか。

旬のパイ、コラボパイ、ソフトクリームも

上記4種類の他に旬の素材を使ったパイも期間限定で販売されるため、四季折々で楽しむことが出来ます。2016年6月現在、販売されているのは美唄産のアスパラを使ったアスパラパイ。毎年この時期に、内山農園さんのアスパラを仕入れているのだそう。旬の甘いアスパラが何本も入っていてとても贅沢で美味しいパイです。

他のお店とのコラボレーション企画も実施しており、今までにはカレーパイが販売されたことも。次は「きしめんの きじや」さんとのコラボを予定しており、きしめんのダシが香る、和風ミートパイを考えているそうです。

また、長沼産の牛乳を使用したソフトクリームも販売しています。これまた素材本来の甘さを味わってもらうため加水をせず、バニラビーンズや香料などの食品添加物を極力抑えているそうです。これがアップルパイとの相性バツグン! これからの暑い時期、店外のベンチで、焼きたてのアップルパイとソフトクリームを食べるのはいかが!?

もちろん焼きたて!次の日の朝食に!あえて冷凍!?色々な食べ方で楽しむアップルパイ

家に帰って温め直す場合は、オーブントースターがおすすめ(3~5分加熱)。でも実は「かぐらじゅ」のアップルパイ、一日経ってもサックサクなんです。実際、次の日の朝食に加熱無しで食べてみたところ、肉厚なパイ生地はへたることなくザクザク、中のリンゴはしっとりと、食感を十分に楽しむことが出来ました。「焼きたてよりも冷めた方が好き」と言うお客さんもいるそうです。また、他のお客さんから「あえて冷凍し、半解凍の状態で食べている」というお話もあるとのこと。どの食べ方が一番美味しいか、試してみても良いかも?

素材を活かした新しいパイを研究中!姉妹店「焼きたてアップルパイとカフェ Pie Queen」

次の日でもサクサク!道内素材のアップルパイ専門店「かぐらじゅ」

「かぐらじゅ」には姉妹店の「パイクイーン」があります。場所は北区、北18条駅から徒歩5分ほど。2016年7月でちょうど、1周年を迎えます。「どうすれば素材を活かした美味しいパイを作れるのか」というコンセプトをもとに、日々パイを研究し、情報を発信・販売しているのだとか。同店では「かぐらじゅ」と同じパイ以外にも様々な種類がケースに並んでいます。曜日ごとのパイが書いてあるポップを見ると、ナッツとチョコ、アップルクリームチーズ、キーマカレーなどのラインナップが。色々な具材のパイを味わうことができます。

次の日でもサクサク!道内素材のアップルパイ専門店「かぐらじゅ」

ウェブ販売やお店以外での販売も

自慢の手作りパイはオンラインショップにて全国各地からも購入することが可能です。また、大丸札幌店にて8/31-9/6、10/5-10/10の期間限定でアップルパイを販売する予定とのこと。なかなかお店に行けないという方、お仕事帰りに寄ってみてはいかがでしょうか。

焼きたてアップルパイの店 かぐらじゅ
所在地:札幌市東区北28条東8丁目1-1大畑ビル(駐車場あり)
営業時間:11:00~19:00
TEL:011-788-6140
ウェブサイト

焼きたてアップルパイとカフェ パフェパイクイーン
所在地:札幌市北区北20条西4丁目1-16
営業時間:10:00~20:00、年中無休
TEL:011-214-0425
ウェブサイト

AirBookmark

筆者について

早川千尋

早川千尋

旭川で生まれ、札幌・釧路・函館を転々とし、札幌に落ち着く。カエルとものづくりが大好きで、特に消しゴム・石はんこや石鹸作りに情熱を注いでいる。心躍る面白い店と野生のカエルを求め、自転車とJR・地下鉄を駆使し札幌市内を放浪する。