知床の森を保護す">
 知床の森を保護す">秘境を守った「しれとこ百平方メートル運動」 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

秘境を守った「しれとこ百平方メートル運動」


 知床の森を保護する運動は、知床ブームの後に、乱開発を懸念する斜里町長(当時)が主導して開始したもので、全国で初めての本格的なナショナルトラスト運動でした。(写真はしれとこ百平方メートル運動ハウス)

 知床半島奥地の開拓としては、1914年の幌別・岩尾別地区の農業開拓をあげることができます。1925年には一時ほとんどが撤退するも、1938年に再開、戦後1949年の国家プロジェクトもあって入地者が増加しました。

 国立公園化が決まると、入植者たちへの離農の圧力が加わりました。岩尾別・幌別地区の農家に対し、行政は離農手当を出してまで離農を勧めようとしたのです。転職あっせん、斜里町市街地の団地への移転を求めてきたことで、中には農地を所有したまま離れた人もいる一方、残って農業を続けた人もいたようです。しかしその後の1973年、斜里町は農地所有者に対し土地を売るなと方針転換。なぜか。

 1966年には農家はほとんどこの地から去ったとはいえ、土地はまだ所有していた人も多く、その跡地を不動産業者が買い取ろうとしていたからです。そうなると、土地開発が行われて、自然が損なわれると判断しました。結局、振り回された開拓者8戸は土地を町が買い上げるよう嘆願(1975年実現)。これがきっかけとなって、我々で買い取って守ろうと、ナショナルトラストを提唱したのが当時の斜里町長でした。1977年にはじまったその運動の名称は「しれとこ百平方メートル運動」でした。

 しれとこ百平方メートル運動は、860ヘクタールを対象としました。うち町有地を除くと470ヘクタールが取得対象地でした。1口8000円・100m2で全国から寄付金を募って順次土地を買い占めていきました。この一連の土地買い取りの中で、幌別・岩尾別地区から農家が完全になくなることになりました(1973年に幌別地区の最後の一戸が離農したとされる)。

秘境を守った「しれとこ百平方メートル運動」

 1986年に、運動で守っているそばで林野庁が国有林大量伐採計画を立ち上げると、全国で反対が巻き起こり、結局伐採計画は中止されました。こうしたことも、ナショナルトラスト運動のおかげといえるでしょう。

 そんなこともありながら、1997年に運動募金目標においてはほぼ目標を達成することができました。というわけで同年、次のステップとなる原生林回復・生物復活を目標とする「百平方メートル運動の森・トラスト」運動が展開されるようになりました。そして2010年11月9日の正式契約をもって、最後に残っていた土地を取得、運動が完了しました。

 保護の指定という観点からいえば、1964年、知床国立公園に指定。1980年には遠音別岳原生自然環境保全地域に指定され、1982年には鳥獣保護区、1990年には知床森林生態系保護地域に指定されました。知床岬周辺は立入禁止措置がとられました。近年は、マイカー規制の動きも取り組みが行われています。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。