学ぶ

冬の車の管理法!!

編集部
Written by 編集部

お金があるのなら、「エンジンスターター」をつけておくと便利です。これは家の中からでも車のエンジンをかけれるという優れものではあるのですが、逆にないと、エンジンを実際にかけにいかなければなりません。多少面倒です。吹雪や大雪のときは、わざわざエンジンをかけにいくという行動がいやになりますから。

 いずれにしても、冬は毎日出発前にはあらかじめエンジンをかけておきます。そうすることによって、出発時にはエンジンをあたたまっていて、室内もあたたまっているわけです。ていうかそうしないとエンジンの故障トラブルになりかねません。エンジンの温度表示がありますが、それがエンジンをかけてもなかなか「C(COLD)」の位置から動いてくれません。

ドア・窓があかない

冬の車の管理法!!  車内の空気入れ替えもしなければなりません。できれば窓を開けたいですが、自動窓開閉の場合、凍っていて壊れる可能性があるのでエンジンをかけてしばらくしないとできません。本当に寒いときはしばらく待ってもあかないことも。

 ドアが凍ってあきづらいこともありますが、無理して開けようとするのはあまりよくありません。ゴムが弱ります。雪が降った場合、最初にあけるドアは慎重に開けます。思い切り開けると、ドアの境目に積もっている雪が車内に容赦なく入ってきます。あるいは先に開けるドアの上の部分の雪をほろってあげることです。

車の雪下ろし

 さて、まずやることは、車に積もった雪を下ろすことです。専用の雪払いブラシがありますので、それで満遍なく雪を取り除きます。特にフロントガラスは注意してやります。なぜかって?ワイパーが壊れないようにするためです。雪が残っていると、ワイパーが雪を外側に放り投げる動きのときは問題ありませんが、内側に戻るときに雪をかきこむと、ワイパーの根元付近に雪がたまって、ワイパーの初期位置がおかしくなってしまいます。

 さらには、屋根の雪もとりのぞきます。これをしないとどうなるかというと、車内が暖まると当然屋根も暖まりますので、乗っかっている雪が簡単に移動することになります。ブレーキをかけたときにフロントガラスにどばっ!と落ちてきます。運転上危険ですし、先ほどのワイパーの問題もありますので避けたいですね。

運転し終わったら!

冬の車の管理法!!  運転し終わってエンジンを停止し、しばらく車を使わないのであれば、ワイパーを立てておきます。基本中の基本で、どのドライバーさんもこれは必ずしています。こうしないとワイパーが窓に凍ってくっついて次にエンジンをかけたときに動きません。

 さらに、サイドブレーキをひかないでエンジンを切る方法をとっている人は大勢います。特にトラックでは標準の作業かもしれませんが、サイドブレーキが凍り付いて戻らなくなる危険性があります。そうならないために、サイドブレーキはひかず、オートマはPに、MTはどこかにギアを入れておきます。

冬の車の管理法!!  また、走行しているうちにタイヤと車体との間に雪の塊が出来てきます。巻き上げられた雪がこうして溝にくっついてしまったものですが、特にシャーベット状態の道路で気温が低いと、茶色の塊がすぐ出来ます。これをとってあげなければなりませんが、無理に取ろうとすると塗装がはげてしまったりしますので注意が必要です。たいていの人は蹴ってボロッっととったりしていますが……。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。