学ぶ

道路状態~シャーベットとわだち編!!

編集部
Written by 編集部

シャーベット状道路

 お砂糖?雪が積もって車も行きかい、まわりはとけているのにとけきれずに残ってしまった細かい雪または氷のことです。茶色いお砂糖ににています。氷の砂漠ですか?そのような感じです。ぬかるんで走りにくい&歩きにくい状態になります。ちなみに茶色いのは汚いからです(笑)。

 「シャーベット状」。道路交通情報センターからのニュースでよく出てきます。ようは、道路の雪がとけて、シャーベットのようにしゃりしゃり、走るたびにタイヤの跡が付く路面です。前述の少しぱさぱさ気味のお砂糖路面とはちょっと違って、水分を多量に含んでいます。

 さらに、追記情報ですが、雪が降って除雪されないと道路の段差がひどくなってきます。特にマンホールの箇所。マンホールは地下の空洞からの熱が地表に出てくる場所ですので、マンホールの箇所だけぽっかり穴があいている、そんな道路状態になります。

 しかもマンホールは道路のど真ん中にあるために、よけるのが一苦労。大雪でかなり道路に雪が積もった場合は、はまってしまって身動きが取れないということも……。

わだち道路

道路状態~シャーベットとわだち編!!  路面がわだちだったり、大型車の通行によってできた凹凸だったりするとき、すんごい抵抗が働きます。こういうときはハンドルを強く握るのではなく、ハンドルを動くがままにさせておきます。遊びといいますが、軽く進路を誘導してあげるだけでいいのです。ちょっと面白いです。

 ハンドルを強く握って固定してしまうとどうなるかというと、車がどっかに飛んでいきます。空に……ではなくスリップして一瞬で変な方向に飛び出すのです。左カーブのところも危険地帯です。誰でも知ってる遠心力がありますから、スリップすると対向車線に車が飛んでいってしまうのは確実です。対向車がいなければ不幸中の幸いです。

道路状態~シャーベットとわだち編!!  このわだちについてもう少し情報を。わだちといっても本当に深いその溝から抜け出せないんじゃないか……と思うほど深いものから、浅いものまで様々です。いずれにしても、わだちの溝が3本しかないときがあります。ぇ?4本あるべきなのに?

道路状態~シャーベットとわだち編!!  しつこいほど取り上げているように、冬の道路は道端に雪があって狭くなりますので、必然的に少し中央寄りを走ることになります。だから、真ん中の溝は対向車と共有です。対向車が来たときだけ、徐行、よけてあげたりします。したがって走行に普通以上の時間がかかります。こういう現象が起きるのは裏道など交通量が少ないところだけなのですが、運転が非常に疲れます。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。