学ぶ

困った時はお互い様!雪道でスタックした車を皆で助け合う北海道民

編集部
Written by 編集部

困った時はお互い様!雪道でスタックした車を皆で助け合う北海道民

北海道をはじめ雪国あるあるの一つに、運転する車が雪山に埋まって動かなくなったり、側溝にはまったりして抜け出せなくなる、ということがあります。雪のない地域で生まれ育ったり、普段車を運転しなかったり乗る機会の少ない方には実感はわかないかもしれませんが、冬によく運転するドライバーにとって車が雪道で動けなくなったという経験は一度はあるものです。

そんなときにどこからともなく人が現れて助けてくれたということもしばしば。今回はそのような経験をした道民のエピソードをご紹介します。

車が雪道でスタックする原因

困った時はお互い様!雪道でスタックした車を皆で助け合う北海道民

雪道で車が動けなくなる原因は様々ですが、雪は降っていなくても地吹雪が発生し視界が悪くなったところに吹きだまりの雪山に突っ込み抜け出せなくなる例、路肩が見えづらい郊外の道を走っていて、側溝があることを知らず道を逸脱してしまい抜け出せなくなる例などがあります。特に積雪時や吹雪の時は道路の境界線がわからない状況で運転しなければならないこともあり、走行しているうちに左に曲がっていて雪山に突っ込むということがあります。

このような場合、脱出しようにも直進はおろか、後進しようとしてもタイヤが空回りして、抜け出せなくなってしまいます。ヘルパーを使ったり同乗者みなで押しても脱出できなければ方法は一つ。ほかの車にけん引してもらって脱出するしかありません。

通りがかりで助けてくれる人たち

困った時はお互い様!雪道でスタックした車を皆で助け合う北海道民

このようなピンチな状況下、どこからともなく人々がやってきて助けてくれる経験をした方も少なくないはず。通りかかった車が止まってくれて「大丈夫かい?」と声をかけてくれるのです。時には近所の家の人がわざわざやってきてくれたりも。牽引ロープを繋いで引っ張ってくれたり、掛け声を合わせ、みなで車を手で押したりと、見ず知らずの人たちにもかかわらず素晴らしいチームワークで車の脱出に力を貸します。

読者の皆様にそんな雪道ヘルプエピソードを募集してみたところ、多数の声が寄せられました。その中からいくつかご紹介しましょう。

夜スリップして雪山に突っ込み脱出不可能になっていた所を車で通りすがりの所をわざわざ車を止めて男性女性3名が助けてくれました。後日お礼をと思い連絡先を聞こうと思ったのですが困った時はお互い様だよ!皆とすぐにいなくなってしまいました。今でも忘れられません。(キョろ☆さん)

 

私ではないですが、雪が溶けかけの時に老夫婦の車がぬかるみにハマってしまって、通りすがりの高校生がお友達同士で押して助けているのを見ました。私もご近所の方に脱出の仕方を教えてもらった事があります。(kazukichimamaさん)

 

若い頃、スリップして路肩の雪山に突っ込み、どうにもこうにも動かなくて途方にくれていた時に、通りかかった除雪車が牽引してくれました。一瞬で脱出できました。(kitpositionさん)

 

田舎から札幌に出てきた時、コインパーキングに車を止めることもしばしばあったのですが、車がFFで雪が積もってでれない!ってときに市民の皆さんが機械使ったりしてなんとか出してくれました。こんなことが何回かありました。(projecthokkaidoさん)

 

実家に住んでた頃の話ですが、カーブ曲がりきれずに雪が積もったあぜ地に突っ込んだワゴンに乗った学生達が困って居たので近所の農家に手助けを頼んだ事があります。 旅行で来てたそうですが、ショベルカーが引き上げに来たときのポカーンとしてた顔が今でも忘れられないです。(uenohitoさん)


このようなエピソードは一部に過ぎません。外気温はマイナスでも、自らの時間や体力を使って助けてくれる人たちに心温まる思いをしたことも少なくないでしょう。もちろん「困った時はお互い様」であって、道民の間では当たり前になっているかもしれませんが、雪国に住んだことのない人たちには新鮮に感じられることがあるようです。今後もこのようなお互いに助け合う気持ちを忘れることなく生活していきたいものですね。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。