冬のくらし 学ぶ

車・自転車の冬支度!!

タイヤ交換

 車も準備をしなければなりませんね。特にタイヤ。夏タイヤと冬タイヤがありますので、冬タイヤに交換してあげます。たいてい各家庭で自分でやってしまいますが、ジャッキーであげて、4つのタイヤを交換しなければなりませんから大変です(年2回もタイヤ交換です)。

 冬タイヤがなければお車は冬眠せざるをえません。車庫の中で、場合によっては、街中で雪にうもれて車の上に雪が厚く積み重なっているそんな状態になってしまいます。

※当サイトでは、冬タイヤ交換は誰がやっている?というアンケートを実施しました。果たして結果は?こちらからどうぞ。

ワイパー交換

 また、タイヤだけじゃなくてワイパーも同時に冬用に変えます(ウインターブレード)。夏用のワイパーよりも厚みのあるワイパーで太く感じます。雪払いのブラシも準備します。ウォッシャー液も不凍液(100%原液)にします。

 スキー、ボードをする人なら、車の上にスキー搭載用の器具をとりつけます。エアロを組んでいると冬にははずさなければなりません。はずさなくてもいいですが、破損の原因になります。特に、雪がとけたあとのぐちゃぐちゃで深いタイヤのあとが付くことになりますので、ただでさえおなかをこするというのに、そこを車高の低い車で……というのは無理があるからです。

自転車は冬どうする?

 自転車は倉庫にしまいます。外に出しっぱなしの家もあるようですが、積み重なった雪の重みで壊れないように倉庫に入れるのが好ましいです。あるいは普段から入れておくということもできます。

 じゃ、冬の北海道では自転車は使わないの?と思ったらびっくり。おじいちゃんとかが自転車で雪道をのろのろと走っていたりします。「あぶなーい」という感じですが、慣れっこなのでしょうか。まぁ、これはごくまれに見る光景です。

 冬は自転車は使いません。かりに、駅まで自転車で行くとしても、駅の自転車置き場は除雪されていなくて雪山で止めれませんので、みんな徒歩で駅前で向かうかバスで向かうかするしかありません。中には駅まで送ってもらうという人もいます。なので、駅前には自家用車が家族の帰りを待ってたくさんとまっている光景をよく目にします。タクシーもけっこういます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。