学ぶ

除雪道具は各家庭に必ずある!!

※当サイトでは、除雪道具置き場に関してアンケートを行いました。その結果はこちらをご覧下さい。

ママさんダンプ

 赤いダンプの荷台のような形をした除雪道具。どこの家庭にも最低1個はあるであろう除雪道具で、「スノーダンプ」、北海道ではあまり使いませんが「スノーカート」とも呼ばれます。「ママさんダンプ」とは女性も手軽に除雪できるように小型化した商品です。

 普通の歩く姿勢でただ押すだけで、北海道の有名なホームセンター「ホーマック」で買えます。ホーマックも赤、ママさんダンプも赤と、色のイメージが合致します(笑)。色は赤が主流ですが黄色もあったりします。

 また、最近では「スノーギアプッシャー」といって、ブルドーザーのスコップのような形をしたものもあります(ガソリンスタンドでよく使っていますよ)。これにも種類があって、スコップみたいなものから、取っ手が「コ」の字のようになっている「ワイド型」もあります。

 いずれにしても広い面積に積もった雪をよけるのに活躍する除雪道具です。よけるだけではなく、雪山にぶすっとさして引き抜けば雪の塊を移動させることだって容易です。

 あ、ただぶすっとさしても雪の塊はできません。さしたあとに、取っ手を下に押すと、てこの原理でダンプの先の部分が上にあがります。これでたいていは塊が完成します。出来ない場合は無理しないで下さい。

 スコップとの併用も出来ます。詳しくはスコップの記事で。ちなみに歴史は……というと、昭和に線路の除雪のために国鉄職員が作ったのがはじまりとか。当時は木でできていたようですが、今では鉄を含むプラスチック。夫が仕事に行っている間に妻ができるような除雪道具になりました。

スコップ

 手で雪を投げてやる雪はねの次に一番疲れる雪はね。ママさんダンプと違ってしっかりしたものじゃないと壊れやすい除雪道具でもあります。また、前かがみになるため、腰に負担がかかります。

 スコップでやるときというのは広い面積の場所ではなく、狭い範囲の部分で使います。うっすら積もった新雪ではプラスチック製のものでも問題ありません。

 頑丈な鉄製のものでは、固い雪山を砕くときにも使います。固い雪山を砕くときは、ママさんダンプのように横からぶすっとさしても意味がありません。これは上からぶすっとさします。

 このスコップはママさんダンプとの併用でより効果を発揮します。横からママさんダンプをぶすっとさして、上からスコップでぶすっとやると、一塊ができあがります。この時点でママさんダンプに雪の塊がのっかっていますので、そのままどこかに持っていけばいいのです。さて、どこに持って行きますか?

つるはし

 氷を砕くための道具。またはとても固い押し固められた雪を割るのに使います。特に駐車スペースでは凹凸が激しいのでこれで削ってならしてあげます。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。