学ぶ

除雪しないところがある?

編集部
Written by 編集部

除雪しないところがある?  道路はすべて除雪する……と思いきや除雪されないあわれな道路もあるのです。冬に通行止めする道路があらかじめ決められています。いわゆる冬季閉鎖っていうやつです。そういう道は交通量の少ない道で、近くに簡単に迂回できる道がある場合であったり、冬季休業する作業者しか使わない道路や、小さな踏切などです。

 また、山間部では大動脈ではない道路で小さな道路は閉鎖されます。それが道道であってもです。国道でも知床横断道路は11月から4月まで通行止めです。

除雪しないところがある?  筆者は平野に住んでいて平野の例をよく見るわけで、ここで少し取り上げさせていただきますが、とても面白い風景になっています。一面の雪原に、街路樹だけがきれいに並んでいるのです。でも入り口が見つかりません。交差点がもはや存在していないのです。専ら直線道路。

 使われなくなった道路はブルの雪捨て場へと早代わりで、高く雪が積まれています。たとえ、夏はきれいな道路であっても冬になれば"冬眠"してしまうのです。道路によっては、初雪が降ると道路の入り口に「通行止め」の看板と柵を設けてしまうところもあります。つまりは最初っから除雪する気がない道路ですね。その他にも小さな道、たとえば砂利道の踏み切りも封鎖されて、除雪がなされないところもあります。

公園は除雪しない

除雪しないところがある?  公園はたいてい消滅します。消滅といっても除雪がなされないというだけなのですが。そのため、冬に入る前に遊具の冬支度を始めます。たとえばブランコ。

 上に横のバーがありますが、そこにブランコをぐるぐる巻きにして縛り付けておかれます。あるいは、横の支柱に座の部分を縛り付けることもありますが、作業者によって違います。一見ブランコがない?けど、上に巻きつけられているのです。実際、冬に公園を使用するのは雪合戦、小山があればそり遊びくらいでしょう。

除雪しないところがある?  さらには、公園のベンチを撤去することもあります。たとえば札幌市大通り公園。雪の重み、冬の間雪まつりが開催されることもあって、春に取り付けられるまでベンチがなくなります。

 水飲み場も冬は雪に埋もれてしまいます。だから写真のようにビニール袋をかぶせて冬季間の雪・寒さに対処します。公園にあるトイレも同様で、冬季間は使用禁止になります。お外の水使用関連はすべてといっていいほどなくなります。

その他除雪されないところ

 道路工事現場は基本的に冬季休業しますから、プレハブ小屋は雪に埋もれて冬を過ごすことになります。だから中途半端に終わってしまっていて、非常に通りにくい道路になってしまっているままの場所も存在します。あとちょっとで2車線になるのに……という現場を何度も見てきています。

 除雪できないところとして、高いところがあります。送電線では、除雪する代わりに、難着雪リングという部品を送電線につけています。これによって雪が落ちやすくなるというわけです。定期的にその部品を交換するため、人が送電線をつたって作業を行っています。

 住宅もすべて除雪する……と思いきや除雪されていない家もあります。明らかに不在又は空き物件です。雪が高く積もっていて家に入ることも不可能という家があるのです。雪がどれだけあるか、どれだけ除雪されているか等、「雪」だけでその家のことがわかってしまうから不思議です。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。