学ぶ

しもやけおててが……お肌トラブル!!

 冬は乾燥肌の季節……。憂鬱ですか?この季節、日本中どこでもそうでしょうが、乾燥しやすい季節なのです。乾燥肌は、潤いがなくくすんだ感じで、目元には細かくしわができやすくなり、あちこちかゆくなってきますし、しわ、たるみ、くすみなどのお肌のトラブルに繋がるようなのです!でも大丈夫。理由と対処法を知っていれば、なんてことはない。

 まず、なぜ冬に肌のトラブルが多くなるのかということですが、湿度が夏よりも低下する季節であるから、そして家や職場など建物内ではがんがん暖房をたきますから、当然室内は乾燥します。温度差もかなりなものです。さらには、夏は活発だった発汗・皮脂の作用が鈍くなってくるわけです。そうなると皮脂の補てんとして肌の角質層を厚くすることになり美肌が損なわれてしまいます。

 こうした理由から肌の水分は失われ、肌が乾燥してしまうわけですね。さらに新陳代謝がスムーズではなくなります。なぜかというと寒いから毛細血管が狭くなり、血の巡りが悪くなってしまうからです。そうなると肌荒れがおきます。さらに唇も荒れたり、髪も乾燥しがちになるので静電気がおきやすくなります。

 そんな冬の乾燥肌・肌荒れトラブル解決法!それは水分を与えてあげればいいのです!一言で言うと簡単そうですが、実は日々のケアが必要不可欠なもの。もう少し具体的に言うと「保湿作用の化粧水」を使って肌に潤いを与え続ける、ということです(顔だけでなく手も足も体全体も忘れずにね)。

 水分を逃がさない工夫も必要になります。たとえば、温風に直接あたることによって水分が肌から失われてしまいますし、ストーブの前とかにずーっといて「あぁ~あったまるー~」ってやっているとき、それは乾燥肌への近道を行っている事になります。部屋の湿度管理をしっかりする(加湿機器・観葉植物など)ことは大切ですね。

 新陳代謝がよくないので、パック、マッサージやぬるめのお風呂にゆっくり入るというのも肌荒れ対策に効果的。お風呂から上がったり、洗顔後はすぐに保湿用のクリームやローションでケアすることも大事。そして、食事法としては、血行促進のビタミンE、汗の分泌を促進するビタミンAを積極的にとるようにすることも大事です。

あかぎれ!

 冬、寒い乾燥する季節に特有の肌のトラブル(症状)を書いてみました。「あかぎれ」というのがそのひとつであり、皮膚が乾燥してしまってひびが入ります。そしてさけていくわけですが、特に手の爪近くの肌でそうなります。むいてしまおうとすると、とても痛いです(!)。肌の油分がとても少なくなったときに起きますので、水仕事をする人がなりやすいです。

 対処法は?油分を補給すればいいことです。だからハンドクリームが欠かせません。特に水仕事をするとき、茶碗洗いとかすると油分が少なくなりますので、必要ですね。似たものでリップクリームがありますが、これも冬に欠かせないという人が多いです。同じように唇も乾燥してやばくなりますので、リップクリームが必須です。

しもやけ!

 しもやけ。小学校で歌った「しもやけおててがもうかゆい」というのを覚えています(笑)。そう、かゆみがあるしもやけです。原因は寒さに長時間さらされることによる血行障害(体温低下によって血管が収縮してしまう=血の巡りが良くない)となっています。

 正確な名称は「凍瘡(とうそう)」だそうで、手足が特になりやすい部分です。ときには痛みを伴うこともあります。では対処法は?保温がだいじなのはわかりますが、雪のある冬ですから難しいこともありますよね。「手袋」は当たり前で、「ほっかいろ」を使ったり、じっとするのではなく動かして、マッサージもしたりして血行をよくすればいいのです。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。