学ぶ

お店の駐車場には雪山が……

編集部
Written by 編集部

 雪国ならではの、特異な現象。北海道に出店するお店は冬の雪が積もったときのことも考えなければなりません。除雪だけではなく、まわりの道路状況、駐車場……。

冬ならではのお店の工夫

お店の駐車場には雪山が……  商店街ではよくアーケード付きだったりします。歩道全体がアーケードです。除雪もある程度省けるという点でメリットがあります。駐車場もないですし。しかしそうでないお店(郊外型立地)では店舗入り口と駐車場も除雪しなければなりません。コンビニのバイトくんは、雪が降ったら除雪タイムです。お客さん優先ですが、少しでも手が空いたら、積もっている雪を除雪しなければなりません。

 広い駐車場だと大変ですね。ブルドーザーを配置しているお店だとオーナーとか店長等がやっているときもありますが。駐車場はともかく、店の出入り口階段付近はきちんと除雪してしまわないと話になりません。その点、大手のお店では階段部分もきれいに除雪がなされていますし、場合によってはロードヒーティングで、すべる心配をしなくても良いというところもあります。本当に助かります。

 お店も一般住宅と同じく二重自動ドアが一般的です。コンビニでは普通1重ドアなのでがんがん暖房をたきますが、玄関フードをつけて対応している店もあります。二重じゃないとどうなるかというと、雪が詰まってドアが正常に開閉しなくなります。きちんと除雪していれば問題ありませんが。あとは、店内の入り口付近は特に雪が溶けてびちょびちょになるので、頻繁に拭かないと油断した客が滑ってしまいます。

出入り口の見通し悪い!

 よくこういうお店があります。出入り口の角に雪山を積み重ねてしまって、見通しが悪く、出入しづらい。夏場は、出る車と入る車が何の問題もなくすれ違えたとしても、冬になって、まず車が出ないと入れないとか、そういう不便さが生じます。だからこそ、出入り口は雪山とかで狭めるのではなく、広げる努力をしてほしいのです。

 あとは、道路から出入口への段差。道路は除雪が頻繁にされますし、溶けることもありますので問題ないですが、歩道から出入り口はだれも除雪してくれません。こうして出入り口にひどい段差が誕生します。

 また、駐車場などで除雪した雪はどこに捨てるかというと、駐車場の中に大きな雪山。広大な駐車場でそんな雪の量を捨てるところもなく、やむなくということでしょうが、駐車場がひどく狭くなります。また、除雪用ブルドーザーが端っこに置かれていることもあって、さらに駐車スペースが減ります。さらには、自転車利用者も冬になると自動車で来たり……。

駐車場は白線がない!

 駐車場内は白線が見えないため、みな適当に、ある意味「勘」で駐車します。したがって、車と車の間の隙間にスペースのロスが出たりします。あるお店では赤い三角コーンを立てて駐車場の端っこを示しています。

 さらには、駐車場で車が止めた部分の雪は、車の熱で溶けるので、これまた段差が出来ます。駐車して見るとあらびっくり、車体がななめったり、埋まって出れなくなったりもします。著者である私も、あるお店に行ったとき、駐車スペースが足りなく、路上駐車も当然出来ないため、やむなくそのお店に行くことをあきらめたこともありました(笑)。

 あと、あったのは、暖かかった日だったので駐車場の雪が溶けてしまったのですが、それが夜に凍ってしまって、ぐちゃぐちゃの駐車場でぬかるんでしまったこと。車内では頭をぶつけるくらいゆれるゆれる……。歩くのも大変ですよあれは。 →まとめですが、冬は「駐車しづらい」または「駐車できない(!)」「出入しづらい」という問題があるのです。あえて言えばこれができない店は出店するなといいたいです。

運転に集中してるから……

 道路は通常よりも狭くなります。バス通りであれば、バス停にバスが止まるごとに、後続車は一時停止しなければなりません。ですからドライバーの中にはストレスを抱えてやってきている人も。また、道路わきに積もる雪山でお店の看板が見えなくなっていることもしばしば。もったいないですね。

 さらには、看板自体が見えないとか、吹雪の日になると、みんな通行に必死になっていますから、看板に目を向けている暇などないのです。「目的来店」(あの店に行こうと目的を持って行く客のこと)の客比率が高くなるのはこういう日です。

 とはいえ、全体的に見ても来客数が激減するのが普通です(ある業種ではそういうこともないようですが)。またまた著者の例で申し訳ないですが、吹雪の日とか雪の日は外に出ることも面倒くさくなって、行きたかったとしてもドタキャンすることも……!

 と、ここまで言いたい放題でしたが、実際、北海道で開店しているお店のほとんどはきちんと雪対応がなされています。雪のない地域に比べると幾つか作業が増えるのですが、それでも、きちんとなされています。北海道民は、お店の前はちゃんと除雪されているのが常識と考えています。そのために店員が夏よりは早めに出勤して除雪をしているのですが。ずっと雪道で緊張しながらやってきて、店の前がロードヒーティングだったら安堵を覚えませんか?

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。