学ぶ

雪はどこでどれだけ降るの?

 北海道であればどこでも雪が降ります。ただし、雪が降るといってもどこの地域でも同じ量の雪が降るわけではありません。降水量と同じです。特に苫小牧や室蘭など胆振の海岸線のまちまち、そして道東地域では積雪量が比較的少ないことで知られています。そして、これら海岸線のまちまちの気候は、(比較的)夏が涼しく冬が温暖という特異な気象です。

 では、どういったところが積雪量が多いのかというと、主に日本海側、内陸の山地を抱えるまちまちです。一般に「豪雪地帯」と言われていますが、特に積雪量が多い場合「特別豪雪地帯」として指定されています。特別豪雪地帯として指定されている市では岩見沢市・三笠市・美唄市・留萌市・赤平市・稚内市・士別市・名寄市・滝川市・砂川市・深川市・富良野市です。

なぜ日本海側が多い?

 なぜ日本海側が雪が多いのかと言うと、水蒸気が豊富で上昇流があるからです。もちろんその条件には気温の寒さが関係しているのは言うまでもないでしょう。この原因となっているものに「シベリア高気圧」があります。

 このシベリア大陸から来る乾いた冷たい空気が、日本海を渡るわけですが、日本海からの暖かい水蒸気を抱いて横断してきます。山を越えるときにはどうしても上昇しなければなりませんので、雪を降らせて軽くして上昇します。雪が多いというのはこういう理由です。山でも日本海側に面する山とオホーツク海側に面する斜面とでは積雪量も変わって来ます。これは降水量でもいえる原理です。

地域によって違う冬の気候!

 雪の少ない地域、特に道東では、乾燥した晴天が続きます。そのため、パリパリとした寒さが、肌を刺すような寒さが特徴です。この地域では、学校でスキー学習ではなくスケート学習をするところが一般的です。

 日高の沿岸、胆振の沿岸部(室蘭・登別・伊達・静内・浦河)あたりの例ですが、冬でも冬タイヤの必要はあるのかというくらい、積雪が日本海側よりあまりありません。歩道や道の端っこに申し訳程度に雪が残っている春のような景色を見ることができます。

 ただ大雪がないかというとそうではなく、降るときは降りますが、回数もそれほど多くなく、それほど積もることなく、すぐ解けることが多いのが特徴です。屋根の雪下ろしなんてのもしなくていいのです。なので、道産子でさえ、豪雪地帯からこれらの地域に移転、あるいは逆のパターンでも、一種のカルチャーショック(?)がありえます。

 積雪量について。積もっている雪の量(積雪深)は2月20日ごろが最も多く、それ以降雪解けにより減ります。札幌圏に住んでいると、3月頃は比較的降る雪が少ないのですが、3月終わりから4月にかけて、ほっとした瞬間に大雪がどっと降るときがあります。といってもそれが最後の大雪になることがほとんどです。ちなみに、札幌市は1年間に5m以上降雪がありますが、それでいて190万人もの人口を抱える都市は世界的に見ても例がありません。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。