学ぶ

世界初の雪冷房施設がある!

編集部
Written by 編集部

 雪国ならではの技術で、国内初どころか「世界初」をもつ北海道です。 それは、雪氷を冷熱エネルギーとして利用するという技術です。つまり、 冬に積もる雪を春から夏に貯蔵しておき、夏に冷房として利用するという、 画期的なシステムです。

 全国でも、雪冷房エネルギーを活用している地域はいくつかあります。 空知・石狩管内を中心に道内各地にもあります。中でも、最も有名なとこ ろといえば、この分野で先進地として知られる特別豪雪地帯の美唄市(び ばいし)でしょう。ここには「世界初」があります。

世界初!の雪冷房マンション!

世界初の雪冷房施設がある!  美唄市にはいくつもの雪冷房施設がありますが、中でも最も注目されて きたのは「雪冷房マンション」でしょう。集合住宅やマンションとしては 世界初でした。以下のような流れで雪を貯蔵します。

1.駐車場に積もった雪を貯雪庫の前に寄せる
2.雪解け(春先)に貯雪庫の大きな扉を開け、ロータリー車を使って中 に入れる
3.貯雪庫内で夏まで保存
4.夏に少しずつ雪を解かしマンション内の冷房に利用

 冷水循環式雪冷房の仕組みは、貯雪庫内の雪を解かした冷水により不凍 液を冷却。それをマンション内各戸に循環させ、冷房の役割を果たすとい うもの。冬季には、真空式ヒーターを利用して温水暖房にすることも可能 です。

メリットがいっぱいの雪冷房

 雪国では、除雪した際の雪捨て場にも困るわけで、厄介者とされる「雪」 ですが、無料で降ってくるものですし、空気洗浄(ほこりなど吸収)、マイ ナスイオン効果もあるので、クリーンなエネルギーです。

 第一のメリットは、環境面で良いこと。さらに、省エネにもなります。 夏季の通常のエアコン冷房に要する利用料金の3分の1程度の電気料金だけ ですむということで、経済的でもあります。設備費用は高いですが、耐用 年数も40年ほどで、3分の1の経費とのことで、総合的に見れば安上がりと なるようです。排雪費用削減にもなります。考えようによっては再利用も 可能です(カスケード利用と呼ぶ)。

世界初の雪冷房施設がある! ※世界初の雪冷房マンション「ウェストパレス」(美唄市西5条南1)。
茶色の概観で、1999年夏に完成。鉄筋コンクリート6階建で2LDKが24戸。家賃は割高。貯雪庫には109tの雪を貯蔵可能(面積8m×7.6m、高さ4m)。

他にも雪冷房いっぱい!沼田町にも世界初!

 これらは産官学による「美唄自然エネルギー研究会」の取り組み。美唄 では他にも、JAびばいの国内最大級の玄米貯蔵倉庫「雪蔵工房」、「ピパ の湯ゆ~りん館」が、雪冷房を採用しています(雪冷房マンションと同じ システムとは限らない)。

 そんな雪冷房施設が多い美唄市ですが、ヒントとなったのは同じ空知管 内の沼田町。沼田町でも雪利用では世界初となる米低温貯蔵施設「スノー クールライスファクトリー」が1996年に誕生しています。この町から生ま れたブランドとして「雪中米」があります。

 まだまだ普及を目指して研究が続けられており、今後もそういった施設 が増えてくることでしょう。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。