旅する

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

ナベサユ
Written by ナベサユ

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

【剣淵町】ふわふわもこもこの毛と何とも言えないニヒルな表情、名のとおりパカパカっと歩くは、ハート型の爪を持つ足。今や女性人気の1・2位を争う動物、アルパカ。 剣淵町にある「ビバアルパカ牧場」では11頭のアルパカが飼育されており、近い距離でふれあうことができる。みんな大好きアルパカのふわもこ毛は、ウールやカシミヤ以上の保温性があり、一頭分で大人1枚分のセーターが編めるとのこと。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

そんな様々な用途の為にも……年に一度「毛刈り」が6月7日に行われるのだ。毛刈り後のお姿は……最後の方で少し触れるが、まずはアルパカの可愛さを堪能していただきたい。

人間誰しも子どもの頃を思い出し、思い出すだけで何故か穏やかな気持ちになれるという不思議なことがある。筆者も昔、小さな動物園などによく連れて行ってもらった。そんな中、現代に生きていると「時間」という尺度で過去を整理したり其れに追われたりもする。この記事が皆様に「思い出した」気持ちになれるあたたかいものであればいいと願い是非癒されて欲しい。

アルパカミニ知識

アルパカは南米ペルーの3500メートル以上の高原地帯に生息するラクダ科の動物。毛を利用するために放牧されており、基本的には年に一度毛刈りをする。

臆病でおとなしい性格故か、飛び跳ねたり耳を立てたり、動きのひとつひとつが何かのサインなのだ。寒さに強く剣淵の雪も大好物。唯一の武器はツバを吐くことだそう。恐怖心でいっぱいのときにペっとしちゃうので、皆様やさしくふれあうことを心がけよう。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント 嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

牧場でふれあう

ビバアルパカ牧場ではエサをあげたり、至近距離でふれることができる。そのためにまず受付で消毒が必須だ。スタッフの方が手にスプレーをふってくださるのと、靴の裏を消毒する。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

なんと入れ物までかわいい。こちらビバハウス(ロッジ)内売店で購入できる。自宅でも消臭スプレーなどを入れて使えるのだ。

準備が整っていざ、アルパカのもとへ。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

おお、たくさんいらっしゃる。か、可愛い……。 飼育員の方がいらして、お子さんでも安心して近寄ることができる。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

2014年5月16日に誕生日を迎えられたタビーさん。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

もぐもぐ……

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

シャキーン!! 誕生日なのでおリボン付いてます!!

取材をした日の気温が高かったので日陰で涼む方も。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

動きのひとつひとつが可愛くて、何時間でも見ていられそう。

四季を通して楽しめる牧場

北海道の屋外施設は、冬期間(11月~3月)閉園している場所が多い。だが、こちらでは冬季限定で楽しめるものがある。その主なものがエアーボードで、何と日本初のエアーボード専用ゲレンデがあるのだ。手ぶらで来てもすべてレンタル、指導もしてくださる「初心者パック」(3000円/1人一時間)がある。もちろん自身のエアーボードを持ち込んでも良い。(スキー・スノーボードは不可)

ゲレンデがあるという所以は、元々この場所が町営のスキー場だったとのことだ。牧場に改装しリフトは取ってしまったが、その分スノーモービルで上がることができるので安心だ。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

さらに山頂までのドライブ体験もある。オープンカーとバギーを選ぶことができる(大人300円・子供100円・ハンモック体験200円、バギー1人500円)。 山頂からの眺めや斜面の植物、冬は樹氷やパウダースノーが満喫でき、大人も子ども楽しむことができるのだ。


嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

毛刈りのとき

さて、最初に触れた「毛刈り」。2014年6月7日(土)13時~行われる予定。 飼育日記を読ませていただいたところ、 「サクッとサマーカット!!3頭のアルパカさんが丸刈りに!!」 とかなりポジティブな文章を目の当たりにいたしましたが、数年前の毛刈りビフォーアフターの画像をパソコンで見せていただき衝撃を受けた。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

えっと……あの……。

スタッフの方いわく、元々夏にあの毛は暑いが、毛がなくなったら直接皮膚に日光があたるので、アルパカにとってはより暑くなるそうだ。それを聞くと本当に暑そうだ……。7日のお昼前から行くと、目の前でビフォーアフターを見ることが可能。年に一度のことなので見応えがありそうだ(やはり衝撃的だろうけれども)。 とは言え、牧場にいるアルパカが皆毛刈りする訳ではないので、7日の後でもふわふわもこもこの毛に触れることができる。

今の時期だけでなく、四季を通してまた訪れたい場所の一つとなった。

嬉し恥ずかし毛刈りの日―剣淵町ビバアルパカ牧場の一大イベント

ビバアルパカ牧場
住所:上川郡剣淵町東町3773番地(旧ビバカラススキー場跡) [地図]
Tel/Fax:0165-34-3911
営業時間:9:00~17:00(冬季10:00~16:00) 年中無休
入場料:大人500円(高校生以上)、 1年間有効パスポート:1000円(毎年11月1日発売)
※ペットの持ち込み不可
ウェブサイト

AirBookmark

筆者について

ナベサユ

ナベサユ

兵庫県西宮市出身、「北海道に住む」という大きな夢を掲げ、就職を期に単身北海道へ移住。現在は雑貨店経営者とファッションモデルとして活動中。ついでに主婦です。元関西人の視点で見る北海道の魅力は勿論のこと、住民としてのコアな上川管内の情報をお届けいたします。