旅する

映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に

ナベサユ
Written by ナベサユ

映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に

【旭川市】 2014年3月に公開された映画で、日本のみならず世界中から脚光を浴びた、旭川市にある「雪の美術館」を訪れた。 創設は1991年。北海道伝統美術工芸村(雪の美術館はその敷地内)の方が、海外で見た「ヴィザンチン建築様式」に感銘を受け、それとともに旭川の雪の結晶の美しさをたくさんの人に伝えたいという思いから「雪の美術館」は生まれた。

創設当初は雪の結晶の美術館としてあったが、現在は美術館・レストラン・ウエディング等、様々な世代が訪れる場となったのである。詳細は後ほど触れることとする。

映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に
映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に
映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に

「あの映画の!!」と話題に上がっているが、創設は23年前なので実は映画とは無関係。美術館側から何かアクションを起こした訳でもなかったそう。それが、SNS上での「映画の場所に似ている」という口コミが火付け役となり、来場者が急激に増えた時期があったとのこと。 ただ、映画の場所だから足を運ぶというだけではなく、本当に素敵な場所だということを押さえていただける記事になっていれば本望だ。

ため息の出る美しさ

雪の美術館は、どの場所を写真におさめても美しい。というよりも写真では伝わらないほどの美しさだと感じる。

▼クリスタルルーム(スノー・クリスタル・ミュージアム(雪の結晶美術館))
映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に

▼氷の回廊
映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に

音楽堂、スノー・クリスタル・ミュージアム(雪の結晶美術館)、シアター、雪の映像室、氷の回廊、雪の美術館画廊、雪の館などたくさんの見どころがある。

特に目を奪われるスノー・クリスタル・ミュージアムでは、20年以上の歳月をかけて研究・撮影された雪の結晶が展示されている。研究された雪の結晶、その数はなんと500種類以上にも及ぶ。雪の映像室ではその動画を鑑賞することができる。 さらに、雪の美術館画廊はギャラリーとしてあり、個展やグループ展にも利用可能とのこと(要問合せ)。

誰もが夢見る「お姫様」に変身

映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に 「スノーナお姫様体験」という、豪華なドレスを選び写真撮影をしていただけるプランがある。(オリジナル台紙2Lサイズ付き3000円(税抜)・プラス1000円でティアラやアクセサリー、グローブ、ブーケといった小物も付けられる)

というわけで筆者も体験した。ドレス選び、数はもちろんのこと色もたくさん!!故に選び切れず……今一番人気というドレスで変身させていただいた。自分で言うのも憚られるのだが、少しの時間、お姫様。来館記念にお姫様体験、素敵な思い出になること間違いなしだ。

幻想的な結婚式を演出

映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に この神秘的な美術館、こちらではなんと結婚式が挙げられる。担当者いわく「イチオシです!!」。 一日一組貸切で、雪の美術館すべてを新郎新婦とゲストだけで堪能するという贅沢。 挙式・お写真はもちろんのこと、「雪の館」ではヨーロッパのアンティークに包まれてゲストと温かなひとときを過ごすことができる(140名まで着席可)。

お写真に関しては、今回掲載した場所、そして美術館内どこでも撮影が可能。枠にとらわれることのない自分たちだけのオリジナルが完成する。挙式に関しても、経験豊かなブライダルコーディネーターが、ドレス・和装・小物など、理想のウエディングづくりをサポートしてくださるので、新郎新婦のこだわりや夢を実現させてくれることだろう。

▼雪の館
映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に

昔からのファンだという方も

1991年創設ということもあり、旭川近郊にお住まいの方の中には「昔からのファン」という方も少なくない。「一日居ても三日居ても飽きない場所」という来館者の声を聞いた。

先にも書いた雪の結晶の研究、500種類以上をじっくりと鑑賞。そしてふと腰掛けた場所から周りを見回すと、たくさんのアンティーク。そのひとつひとつが本物で、現代のものにはない輝きを放っていた。シャンデリア等の目立つものだけでなく、テーブル・椅子・それらに施された繊細な紋様やユーカラ織りなど、長く居ることで発見できるものがある。 見れば見るほどに何かを発見できる、「三日居ても飽きない」と捉えることが全く不思議ではない場所なのだ。

▼アンティーク
映画効果だけではない魅力が満載! 美しすぎる「雪の美術館」が旭川に

雪の美術館
住所:旭川市南が丘3丁目1-1(北海道伝統工芸美術村内)
Tel:0166-62-8811(代表)
営業時間:9:00~17:00
休館日:無休(12月30日~1月4日休館)
公式サイト

ウエディングに関しては
住所:旭川市南が丘3丁目1-1雪の美術館
marry blossom(マリーブラッサム株式会社)
Tel:0166-73-7017
ウェブサイト

AirBookmark

筆者について

ナベサユ

ナベサユ

兵庫県西宮市出身、「北海道に住む」という大きな夢を掲げ、就職を期に単身北海道へ移住。現在は雑貨店経営者とファッションモデルとして活動中。ついでに主婦です。元関西人の視点で見る北海道の魅力は勿論のこと、住民としてのコアな上川管内の情報をお届けいたします。