旅する

穴場の枯木のダム湖畔から人気の場所まで―赤井川村の2つのキャンプ場

札幌市と境界を接する赤井川村は、その面積の大部分が山地の森林であり、その豊かな自然の中でキャンプを楽しめるのが、札幌近郊の人気キャンプ場でもあったドロームキャンプフィールドです。一時期、このキャンプ場が閉鎖されてアウトドアファンをがっかりさせていましたが、去年の7月から経営者が変わり、名前もAKAIGAWA TOMO PLAYPALKとなって再オープンしました。

実は、ここの他に赤井川村にはもう一か所、その存在をほとんど知られていない穴場のキャンプ場があるのです。以前の人気キャンプ場がどう姿を変えたのか、そして穴場のキャンプ場はどんなところなのか、この二つのキャンプ場を訪ねてみました。

無数の立ち枯れが見られるダム湖は必見! 落合ダム湖畔親水広場

国道393号を小樽から赤井川村方向に走っていくと、途中で落合ダム・常盤ダムへの分岐を示した道路標識があります。一部のダムマニアの方以外は、全く気にも留めずに通り過ぎるところですが、実はこの落合ダムに穴場のキャンプ場があるのです。

国道から脇道に入っておよそ2.2キロほどで落合ダム堤体の広場に到着します。案内標識も何もありませんが、そっから更にダム湖沿いの1車線の砂利道を走っていくと、1.5キロほどで駐車場のある公園のような場所が突然現れます。
ここが、赤井川村で管理している落合ダム湖畔親水広場です。

▼落合ダム湖畔親水広場のトイレと駐車場
穴場の枯木のダム湖畔から人気の場所まで―赤井川村の2つのキャンプ場

12台停められるアスファルト舗装の駐車場、その脇には木製のトイレが2棟建っています。駐車場の前には芝生広場が広がり、場内の案内看板を見ると、「キャンプ等はこのエリアを使用すること」と書かれてあります。つまりここは、村が管理している立派なキャンプ場なのです。

ただし、施設としてあるのはトイレだけ。水場はないので、キャンプする場合は水は自分で用意しなくてはなりません。照明もトイレの前にソーラー式の小さなものがあるだけで、夜は真っ暗になると思われます。その分、星も綺麗に見えそうですが、ベテラン向けのキャンプ場と言えます。

▼落合ダム湖畔親水広場の様子
穴場の枯木のダム湖畔から人気の場所まで―赤井川村の2つのキャンプ場

一般的なキャンプ場と比べると管理も行き届いていないと思われるので、ごみの処理を完全にすることは勿論、トイレの使用も汚さないように気を使う必要があります。少々不便でも静かなキャンプを楽しみたい方にはお勧めできる穴場のキャンプ場です。なお、ここのトイレの開放期間は6月1日から10月31日までなので、その期間がキャンプ場のオープン期間とも言えます。

▼ダムの上から眺めるダム湖
穴場の枯木のダム湖畔から人気の場所まで―赤井川村の2つのキャンプ場

それと、ここのダム湖ではカヌーで遊ぶことも可能です。カヌーを降ろしやすいように、湖畔まで降りていける道路も付けられています。

このダム湖で特筆に値するのは、立ち枯れた無数の樹木が水上に立ち上がり、湖面に枯木の森が広がっているかのように見えることです。数本程度の枯れ木が立っているのは他のダム湖でも目にしますが、これだけ沢山の枯れ木がまるで森のように残っているのは他では見たことがありません。

▼湖畔から眺める古木の森
穴場の枯木のダム湖畔から人気の場所まで―赤井川村の2つのキャンプ場

▼湖上から眺める古木の森
穴場の枯木のダム湖畔から人気の場所まで―赤井川村の2つのキャンプ場

この不思議な景観は、湖畔からでも見ることができますが、かなり広範囲に広がっているので、カヌーで湖に漕ぎ出すとこの風景をもっと楽しむことができます。カヌーを持っていなくても、このダム湖ではキロロリゾートのカヤックダッキーツアーも行われているので、それを利用する方法もあります。枯木の森をカヌーで巡る湖上探検、お勧めです。

▼湖畔まで車で降りていける
穴場の枯木のダム湖畔から人気の場所まで―赤井川村の2つのキャンプ場

落合ダム湖畔親水広場
問い合わせ先:赤井川村役場(0135-34-6211)
公式サイト
キロロリゾート夏のアクティビティ
カヤックダッキーツアー
事前予約制
NOASC 0136-23-1688(17:00まで)
公式サイト

筆者について

高橋英範

高橋英範

1955年生まれ。札幌市在住。2016年3月で札幌市役所を定年退職し、現在は遊びが仕事のようなもの。20年前より個人のホームページで趣味であるキャンプの情報を発信。現在はカナディアンカヌーでの川下り、バックカントリースキー、山歩きにマラソンと、現役時代よりも忙しい日々を送っています。おかげで北海道のアウトドア情報には、それなりに詳しくなりました。