旅する

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

北海道の滝を調べていると、秘境めいた場所にもかかわらず、難なく滝を見ることができる場所は意外にも多いものです。中でも、道東は十勝総合振興局北東部に位置する足寄町には、北海道内の町の中では一番の面積を誇るだけあって多様な形の滝を楽しめます。

今回見に行くことができた滝は全部で7つ。そのほとんどが極端な装備や遡行などせず、地図を片手にハイキング感覚で見に行ける滝です。

▼足寄町の7滝の位置関係図
北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

オンネトー湯の滝(オンネトーゆのたき)

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

オンネトー湯の滝は、雌阿寒岳や阿寒富士の西麓に広がる原生林内にあり、2000年(平成12年)には「オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地」として天然記念物に指定されています。

オコタンペ湖、東雲湖と共に、北海道三大秘湖に挙げられるオンネトー。その南側にある駐車場から約1.4km歩くことになりますが、道は管理道路として整備され歩きやすく、観光地として多くの人が訪れています。

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

▼オンネトー湯の滝、高さ20m、幅8m
北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

白藤の滝(しらふじのたき)

国道241号線の釧路市との境にある足寄峠の近くにあり、オンネトーへ向かう道道664号線との三叉路からは北へ約2kmの地点の道路脇に看板があります。

看板から600m程の林道を進むと車を止められる場所があり、そこから沢に向かって急斜面を下りていくことになります。崖の上から真っ直ぐに落ちる水と、その横に見られる赤茶色の柱状節理を間近で楽しめる滝です。

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

▼白藤の滝、高さ12m、幅4m
北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

トブシの滝(斗伏のたき)

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

国道242号線沿いにあり、看板と車を停められる場所も注意していればすぐに発見できます。駐車場からも確認できますが、滝の近くまでも容易に行くことができます。滝自体小さくも複雑に流れ落ちる水の動きを楽しめます。

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

▼トブシの滝、高さ6m、幅2m
北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

屏風岩の滝(びょうぶいわのたき)

トブシの滝の駐車場から脇へと伸びる町道斗伏線を約300m進むと、民家の倉庫壁に入り口看板があります。入り口看板から林道を2km程行くと、大きな鹿防除用の金網柵があり、それを通過していくことになります。

屏風岩と呼ばれる大きな崖沿いを進むのですが、落石やスズメバチの巣などに注意しなければいけません。滝の高さはないものの、豊富な水量が落ちる迫力と、滝の上へも簡単に行けるので、様々な角度から滝を楽しめます。

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

▼屏風岩の滝、高さ5m、幅15m
北海道最大面積の町で多様な形の滝を楽しもう!足寄町7滝めぐり

筆者について

中瀬りあの

中瀬りあの

スポーツ万能インドア派を目指してきて、はや40代。アウトドアスポーツは何でも挑戦。インドアでは世代的にゲーム好き。(どちらも上手くはない)子供のように何にでも興味はある。