涼しげな青い色の「青い池」がブームです。名付けて「美">
涼しげな青い色の「青い池」がブームです。名付けて「美">感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
旅する

感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ

編集部
Written by 編集部

涼しげな青い色の「青い池」がブームです。名付けて「美瑛ブルー」は、暑い夏にピッタリ!青い色というだけで爽やかになれそうな気がしてきます。このエリアには「青い池」だけでなく、同じく青い色をした美瑛川「ブルーリバー」もありますし、青い池グッズ、青い池スイーツやドリンクも誕生しています。青い池を存分に楽しめるようになりつつあります。今夏は「青い池」がある美瑛町白金温泉まで足を運んでみませんか?

景観スポット巡り1 「青い池」

感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ

感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ 一般的な水の色ではなくコバルトブルーの美しい小さな池。堰き止め工事によりできた人工池で、上空から見ると扇子を広げたような形になっています。ちょうど扇子の直線部分に当たる堰き止め部分の縁を歩いて散策できます。木々に囲まれた散策路を歩きながら、様々な角度から青い池を楽しめます。

条件が良ければコバルトブルーのような澄んだ青色に見えますが、条件が悪いとエメラルドグリーンに見えたりします。何より晴れている時とそうでないときの水面の色の美しさが異なりますので、とにかく晴れているときに行くのがベストです。また、雨が降った直後は濁りが見られるため、こういった気象状況にも左右されてしまうデリケートな池です。風もできるだけない時に行くと鏡のような澄んだ水面を見ることができます。

散策路は二つの直線区間からなっており、それぞれが交わる箇所が開けており絶景の撮影スポットになります。この池は美瑛川の脇にあるので、美瑛川とつながっている個所も見ることができ、その先に同じ色をした美瑛川を見ることも可能です。青い池の詳細はこちらも御覧ください。

青い池へのアクセス
道道966号線の白金インフォメーションセンターと白金温泉街の中間地点、美瑛市街地から行くと左手。入口は左カーブ上にあるので右左折車に注意です。入ってすぐの駐車場は観光バス専用、その先にある一般車駐車場を利用します。そこから砂利道を約2~3分歩くと右手に青い池があります。

景観スポット巡り2 「ブルーリバー」

感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ

感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ ブルーリバーつまり青い川を見ることができるスポットが、白金温泉街の「白ひげの滝」です。滝も美しいのですが、滝の水が落ちる川に注目です。青い池のようにコバルトブルーの美しい色をした川です。この川が、下流にある青い池の脇を通るわけです。

滝と美瑛川を見下ろす橋は歩行者専用。付近に車を止めて歩いて橋を渡りましょう。木々の葉の緑色と、美瑛川の鮮やかな青色がコラボレーションした美しい風景をお楽しみください。ブルーリバーと白ひげの滝の詳細はこちらも御覧ください。

白ひげの滝へのアクセス
道道966号線の白金温泉街に位置します。美瑛市街地から行くと左手で、白金四季の森ホテルパークヒルズの裏手に当たります。駐車場は道道966号線の橋を渡ってすぐ公共駐車場を利用できます。

観光のお供に― 青い池スイーツ&ドリンク

感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ

感動の美瑛ブルーを巡ろう! 青い池・青い川・スイーツを楽しむ 青い池を楽しんだら、青い池スイーツを食べたり、青い池ドリンクを飲んで余韻に浸りましょう。青い池関連スイーツ・ドリンクは2011年に「青い池 美瑛サイダー」、2012年に「青い池プリン」がデビューしました。その他、「青い池 飲むゼリー」もあり、いずれも青い池をイメージした爽やかな青い色のデザートです。美瑛町市街地の道の駅びえい「丘のくら」でもゲットできます。

美瑛 青い池プリン
2012年7月に誕生した新スイーツ。美瑛牛乳を使った濃厚白いプリンの下層部分と、レモン味の青いゼリーでできた表面部分から成っています。小瓶入り90g、1個350円です。
美瑛 青い池 ストローで飲むゼリー
青い池をイメージした飲むゼリーです。付属のストローを刺して吸いながらいただきます。青い色のサイダー味で、白い粒粒も入っており、食感も楽しいゼリーとなっています。1個260円です。
青い池 美瑛サイダー
美瑛サイダー二種類のうちの一つで、2011年に誕生しました。青い池サイダーはパッケージもサイダーも鮮やかな青色です。味と香りはレモンで、カロリーオフ・微炭酸。内容量330mlで1本200円です。

美瑛ブルーマップ

「青い池」「青い川(ブルーリバー)」は美瑛町奥地の白金温泉近くに位置します。美瑛町市街地から道道966号線(十勝岳温泉美瑛線)で白金温泉付近の白樺街道まで車を走らせます。白金インフォメーションセンターと白金温泉の中間地点に「青い池」、白金温泉街にかかる橋が「ブルーリバー」になります。位置関係は地図に示した通りであり、特に大きな看板が設置されているわけではありませんので、ご参考ください。


より大きな地図で 美瑛ブルーマップ を表示

「青い池」と「青い川を見れる白ひげの滝、そして青い池スイーツの数々をご紹介しました。青い池を楽しんだ後は、白金温泉で温泉を楽しむのも良いでしょう。夏こそ、美しい美瑛ブルーを見に行って涼んでみてください。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。