旅する

函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

年間500万人近くもの観光客が訪れる函館市。魅力的な観光スポットはたくさんありますが、中でも定番になっているのが函館山から見る夜景でしょう。実はその函館山の裾野には19もの坂があり、それぞれに魅力的な景観を誇っていることをご存じでしょうか。

今回は南東から北西へ向かって(つまりは地図の下から上へ向かって)19すべての坂を一気にご紹介。ぜひ函館観光の参考にしてみてください。

函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

File1.青柳坂(あおやぎざか)

▼「青柳坂」上から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

石川啄木も歌に詠んだことのある青柳町。その青柳町の閑静な住宅街にある坂道です。坂道を上りきると、遠く民家の先に海を臨む、函館らしい光景が広がっています。

▼「青柳坂」下から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

File2.あさり坂(あさりざか)

▼「あさり坂」上から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

1878(明治11)年にこの地で貝塚が発掘され、そこからあさりの貝殻が多く見つかったことから、あさり坂と名付けられました。19ある坂のうち、唯一ひらがなの名前です。

▼「あさり坂」下から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

File3.護国神社坂(ごこくじんじゃざか)

▼「護国神社坂」上から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

坂の下から見上げると、赤い鳥居が目に入ります。坂の名前の由来である、函館護国神社です。高田屋嘉兵衛像があったり、老舗和菓子店や郷土料理店が軒を連ねていたり、観光客も多く訪れる坂道です。

▼「護国神社坂」下から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

File4.谷地坂(やちざか)

▼「谷地坂」上から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

かつて遊興地として親しまれていた谷地頭方面へ向かう道中だったことから、この名前になりました。今ではほとんど観光客も訪れず、民家に囲まれて緩やかに続いていく坂道です。

▼「谷地坂」下から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

File5.南部坂(なんぶざか)

▼「南部坂」上から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

坂の下には地域交流まちづくりセンターがあり、上っていくと函館山ロープウェイの山麓駅に繋がるとあって、常に人で賑わう坂道です。周辺には洋館が建ち並び、函館らしい景観が見られます。

▼「南部坂」下から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

File6.二十間坂(にじゅっけんざか)

▼「二十間坂」上から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

道幅が二十間(役36メートル)あることから、名付けられました。冬になると木々にイルミネーションが施され、はこだて明治館に向かってこの坂を上っていく観光客の目を楽しませています。

▼「二十間坂」下から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

File7.大三坂(だいさんざか)

▼「大三坂」上から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

和洋折衷の建物が並ぶ間を石畳が伸びていく美しい景観は、国土交通省の定める「日本の道100選」にも選ばれたというから納得です。秋になると街路樹の紅葉が彩りを添え、一層ロマンチックな雰囲気を醸し出します。

▼「大三坂」下から
函館山山麓の19坂を全制覇!上からと下からの景観をご紹介します

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】