"> ">絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
旅する

絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう!

編集部
Written by 編集部

【剣淵町】 絵本がつなぐ親子の心の絆を描く映画「じんじん」が2013年5月18日に道内先行上映されました。同作品の原点ともいうべき場所は剣淵町。絵本の里としての取り組みを行う絵本の町です。映画「じんじん」は、企画・主演を務めた俳優・大地康雄さんが剣淵町の絵本の取り組みに感銘を受け製作を決め、2012年5月~8月にかけて剣淵町をメインロケ地として製作が進められました。そんな映画「じんじん」のロケ地をまわってみませんか?(掲載写真は (C)2013『じんじん』製作委員会) 映画「じんじん」についてはこちら、剣淵町が公開するロケ地マップはこちら


より大きな地図で 映画じんじんロケ地 を表示
絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう!

剣淵町内では、有名観光地から町内の農場、道の駅、高校など、町の至る所で撮影されました。5月29日(火)には、町の玄関口であるJR剣淵駅でも撮影が行われました。ここでは、レークサイド桜岡の送迎バスが登場。町民エキストラの皆さんが参加して撮影されました。現在は映画「じんじん」の展示がなされています。

物語の核となる「絵本の館」

物語の中で重要な役割を担ったのが剣淵町中心部にある無料施設「絵本の館」。6月1日(金)に親子のエキストラが参加して撮影が行われました。毎週水曜日と年末年始を除く10:00~17:00に開館しています。

絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう!

レークサイド桜岡

町の東部にある剣淵温泉「レークサイド桜岡」では6月9日(土)を中心に撮影が行われました。同日は屋内で絵本コンクール授賞式のシーン、6月2日(土)には屋外で高校生役エキストラが登場しました。桜岡貯水池があり、キャンプ場もあり、バーベキューもできる場所なので、家族連れで楽しめる場所ですね。

絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう!

道の駅・VIVAアルパカ牧場

道の駅「絵本の里」けんぶちでは、6月3日(日)に高校生役エキストラが参加しての撮影が行われました。ここでは現在、撮影の合間に呑まれた清酒「平波山」改め清酒「じんじん」が販売されています。また同日、近くにある道内初のアルパカ牧場「VIVAアルパカ牧場」で撮影が行われました。映画で主演の大地さんが食べていた「アルパカアイス」(320円)も販売中。暑い日には是非食べておきたいところです。6月1日には町の西部にある「森の刻」というモダンな建物での撮影が行われました。

絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう! 絵本の里・剣淵町が舞台の映画『じんじん』のロケ地を巡ろう!

そのほか、普段使われていなかったという「金子邸」、剣淵高校、西尾農機、作中で同名の農場で登場する高橋農場「天の川農園」がロケ地として選ばれました。剣淵町西部のパッチワークの丘の風景も作中に登場します。ロケセットとして設置された眺望の丘バス停は、現在も残されていますので、探してみてください。

映画「じんじん」
http://www.jinjin-movie.com/
(C)2013『じんじん』製作委員会
5/18(土)札幌シネマフロンティア、シアターキノ、シネプレックス旭川にて公開

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。