旅する

あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選

北海道新幹線の駅がある道南の木古内町がこの時期、穴場的な「花の名所」として人気を博しているのをご存じでしょうか。道南の「花の名所」といえば、桜で有名な松前町や函館市を思い浮かべる人も多いと思いますが、木古内町で見られるのはチューリップと芝桜。タイミングが合えば、ここでしか見ることができない超レアな光景に出会える可能性もあります。そんな木古内の花スポット3カ所をご紹介します。

約60種5万級のチューリップがずらり。サラキ岬

あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選

国道228号線沿いにある小さな岬に、毎年ゴールデンウィーク頃から5月中旬頃にかけて、約60種5万球のチューリップが花を咲かせます。チューリップの球根は毎年オランダから直接輸入しており、色合いや形状が珍しい花も少なくありません。

あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選 あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選

木古内とオランダは一見かかわりがなさそうに見えますが、実はサラキ岬の沖には、徳川幕府がオランダに発注して建造した軍艦「咸臨丸」が沈んでいます。

沈没したのは、1871(明治4)年のこと。戊辰戦争終結後、明治政府の輸送船となった咸臨丸は、北海道へ移住する仙台藩の元家臣1400人あまりを乗せて仙台から函館経由で小樽へ向かおうとしましたが、サラキ岬沖で岩礁に乗り上げて座礁。乗船者は救助されましたが、その数日後に咸臨丸は海中へと姿を消しました。

▼咸臨丸の歴史を伝える看板
あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選

▼咸臨丸を模したモニュメント
あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選

サラキ岬のチューリップは、こうした歴史を知ったオランダ北海道人会の会長(当時)から「咸臨丸終焉の地にオランダの国花を植えてほしい」とチューリップの球根を寄贈されたのをきっかけに、2002年から始まりました。以来、町民有志と地元企業が中心となって毎年ボランティアで手入れを続けています。

あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選

あの豪華列車との競演も! 近年人気急上昇中の木古内町 花スポット3選

目の前にある国道のすぐ隣には線路があり、タイミングが合えば色とりどりのチューリップ畑の向こうを列車が通過する光景を見ることができます。普段通るのは道南いさりび鉄道の列車と貨物列車ですが、日によってはJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が通ることもあるため、鉄道ファンの定番撮影スポットにもなっています。

筆者について

佐々木康弘

佐々木康弘

札幌市北区新琴似出身。30歳で函館に移住してからふとしたきっかけでライターの道へ進み、旅行情報誌やネット媒体などを中心に年間70万字以上を執筆。道南地域で毎年100本以上のイベントに足を運ぶイベントウオッチャーとしても活動。【Sクラス認定ライター】