旅する

毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

オホーツク観光大使・ラウフェンくかです! 今回は、今年3月に参加した枝幸町のモニターツアーのレポートをします。

枝幸町は、毛ガニの「かにカゴ漁」の漁獲量がなんと日本一! ツアーでは枝幸町のことを学び、さらに毛ガニも楽しめるということで、とても楽しみにしていました。

▼これが、かにカゴ漁で使用するカゴ
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

1日目 枝幸町へ

みなさんは枝幸町がどこにあるか知っていますか? "えさし"と言えば、江差追分で有名な道南の江差町を思い浮かべる方も多いと思いますが、そちらとは別の場所になります。枝幸町はオホーツク海に面していて、紋別市や雄武町より少し北の位置にあり、江差町と区別するために「北見枝幸」と呼ばれることもあります。最近は「オホーツク枝幸」という呼び方も広まってきています。

▼枝幸町マスコットキャラクター「えさっしー」
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

ツアーは札幌駅からバスに乗ってスタート。途中、北海道外からのツアー客の皆さんをピックアップするために旭川空港に寄ったり、道の駅なよろでの休憩を挟みつつ、枝幸町の歌登地区に到着しました。

現在の枝幸町は2006年に(旧)枝幸町と歌登町が合併してできた町で、同じ町内でも内陸部の歌登地区と、海側の枝幸地区に分かれています。休憩所では、枝幸町観光協会のみなさんが大漁旗を持ってお出迎え!

▼枝幸町観光協会のみなさん
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

その後バスはオホーツク海の見える枝幸地区に入り、さらに進んでいきます。途中で見えた三笠山スキー場は、海を見ながらスキーを滑ることができるので、冬は流氷を見ながら滑れるときもあるようです。

ウスタイベ千畳岩

一面に畳を敷きつめたような岩々が、波打ち際まで広がっています。ツアーがあったのは3月末でこの日は暖かかったのですが、今年は非常に雪が多かったために雪が解けきっておらず、本来行ける岩場までは降りて行けませんでした。

岩の模様が縦になっていて、遠くから見てもとても雰囲気がある感じです! 岩に乗りながら海をバックに写真を撮るといいかもしれませんね。

▼まるで人工物のような岩
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

この辺りの地域は北海道立北オホーツク自然公園に指定されていて、7月に行われる枝幸のお祭り「枝幸かにまつり」の会場となります。キャンプ場にもなっているそうで、夏になるとたくさんの人でにぎわうそうです。

ここからは神威岬という岬が見えるのですが、積丹にある神威岬と同じ名前ですけど別物です。昨年の落石で岬の近くまで行く道は通行止めになっていて、今回は見ることができませんでしたが、かなり大きな岬ということでまた機会があれば見てみたいです。

ホタテの貝剥きにチャレンジ!

「うたのぼり交流センター歌種」では、ホタテの貝剥き体験がおこなわれました。

貝を剥くことなんて、普段はなかなか無いですよね? 私は初めての経験だったのでドキドキ……。最初に剥き方のコツを教えてもらいチャレンジしてみましたが、貝の隙間にヘラを入れる角度の微妙なさじ加減が難しかったです! プロの方だと1個3秒もあればとってしまうそうです。すごい……!

▼なんとか綺麗に剥けました
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

剥いたホタテは、体験が終わるとその場で食べさせてもらえました。そのままで食べて味をみて、半分醤油をつけて味を比べてみるのがオススメとのこと。プリッとしていてたまらない食感だったので、そのまま食べても美味しい感じでした! あと20個は食べられそうな気分に(笑)。

▼そのまま食べても美味しいホタテ
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

毛ガニキャッチャーで夕食の毛ガニをゲット

毛ガニキャッチャー! 最初聞いたときは一体どういうことなのかと思いましたが、その名の通り毛ガニをUFOキャッチャーのように釣ります。UFOキャッチャーと違うのは、ボタンを押して操作するのではなく自分で竿を持って釣り上げることでしょうか。この装置はなんと手作りのものですが、しっかり毛ガニをキャッチしてくれる優れもの。

▼毛ガニキャッチャー用の竿
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

▼装置は手作り
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

自分で釣った毛ガニはそのままこの日の夕食で食べられるということだったので、ツアーの参加の皆さんの眼がキラリと光ってみえました(笑)。

皆さん大盛り上がりで、毛ガニが釣れる度に歓声が上がってました。ちょっと難しいかなと思いましたが、自分で釣るのはすごく楽しいですし、大人も子供も楽しめそうですね。

▼コツを掴めば誰でも簡単に釣れます
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

▼釣れるかな……
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

▼釣れた!
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

▼自分で釣った毛ガニと記念撮影
毛ガニ漁獲量日本一!オホーツク枝幸町の魅力をレポートします

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。