旅する

街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

編集部
Written by 編集部

街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)


前編では、浜中町役場周辺の観光地を紹介した。後編ではラッピングトレイン・バス・ハイヤーや霧多布温泉といったルパンスポットを紹介する。

【ルパンスポット5】次元大介に扮した乗務員がルパン三世ラッピングハイヤーで観光案内!霧多布中央ハイヤー

霧多布中央ハイヤー[地図]には、ジャンボハイヤー1台を含む3台のハイヤーがあり、2012年以降、ルパン三世のラッピングが施されている。乗務員の一人・藤枝渉さんは、次元大介の格好をして観光案内するとして、ひそかに人気を集めている。ラッピングハイヤーを始めた時に「やらないのか」との声があったことから、自前のハットと黒いスーツを着用、鬚もしっかり手入れして、ルパン三世ファンや観光客の期待に応えている。

ハイヤーで回る観光ルートは、霧多布岬周辺、霧多布湿原を望む琵琶瀬展望台を中心に回ることが多い。小型車は30分ごと2,780円、ジャンボは3,880円で案内する。ルパン三世ファンは特に、次元大介(に扮する乗務員)と共に浜中町の観光を楽しんでみてはいかが?(お問い合わせは 0153-62-3141)

・『ルパン三世』ラッピングハイヤー(小型車2台、ジャンボ1台)
・次元大介扮する乗務員

街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

【ルパンスポット6】温泉に入るときにもルパン三世!霧多布温泉ゆうゆ

琵琶瀬湾を望む高台に位置する温泉「霧多布温泉ゆうゆ」[地図]。ここもルパンスポットとして知られる。男湯と女湯入口ののれんには、男湯はルパン三世、女湯は峰不二子のシルエットがそれぞれ描かれている。館内入口には峰不二子のパネルも設置。さらに、受付カウンター横には『ルパン三世』ミニチュアフィギュアを20点ほど収蔵するガラス棚を設置しているほか、上部には「浜中町総合文化センター」にもあるものと同様の円盤状イラストが5人分設置されている。

・入口に『ルパン三世』イラスト
・受付前に峰不二子の等身大パネル
・受付横に『ルパン三世』ミニチュアフィギュア
・男湯にルパン三世、女湯に峰不二子
・5人のイラストが描かれた円盤イラスト

街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

【ルパンスポット7】ルパンパネルがある町内3駅に、JR花咲線のルパン三世車両が止まる!

JR花咲線(釧路~根室間)を走るキハ54型気動車1両が、2012年4月1日以降、ラッピングトレイン『ルパン三世』車両として、道東の雄大な自然の中を走っている。車両前面に『ルパン三世』ロゴ、側面に『ルパン三世』の登場人物がすべて描かれている。運行時刻は日によって異なるので、JR北海道釧路支社のウェブサイトを確認のこと。

また、町内にある3つの駅、茶内駅、浜中駅、姉別駅にも、『ルパン三世』の登場人物のパネルやポスターが設置され、浜中町を訪れる人たちを歓迎している。釧路側の茶内駅は、入口にルパン三世、ホームの駅名板に銭形警部のパネルを設置している。浜中駅は、入口に次元大介と石川五ェ門、駅舎内受付に峰不二子、ホームにルパン三世のパネルがそれぞれ設置されている。根室側の姉別駅にも小ぶりながらルパン三世のイラストが描かれている。いずれも記念撮影にもってこいだ。

街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

▼浜中駅
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

▼茶内駅
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

【ルパンスポット8】「浜中町で待ってるぜ!」ルパン三世ラッピングバスも登場

くしろバス(本社・釧路市)が運行するバスのうち、釧路市くしろバス本社と霧多布温泉ゆうゆを結ぶ「霧多布線」、浜中駅と霧多布温泉ゆうゆを結ぶ「浜中線」の各1台で、2012年4月1日から『ルパン三世』ラッピングバスを運行している。側面にはルパンのイラストとともに「浜中町にルパンがやって来る。」「浜中町で待ってるぜ!」と書かれている。せっかくなら、ラッピングトレインとラッピングバスを乗り継いで霧多布市街地を訪れていただきたい。

街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

上に挙げた他にもルパンスポットは幾つもある。例えば下記の場所で『ルパン三世』に関係したものを確認できる。

・町内各所の案内板にルパン三世のイラストが描かれている(涙岩・立岩、火散布、浜中町酪農の礎サイロ、第一地区、第三地区、円朱別地区、熊牛地区、姉別地区、酪農展望台)
・大地みらい信用金庫浜中支店(霧多布東1条1丁目42)[地図]にルパン三世パネル
・島脇建設(霧多布西1条2丁目74)[地図]に直筆色紙
・スナックドリアン(霧多布東2条2丁目川村ビル)[地図]に直筆サイン色紙
・畠山金物店(茶内本町70、茶内駅前)[地図]にルパン三世パネル
・ファームデザインズ(熊牛基線107)[地図]にサイン色紙
・「MILKまんじゅう」のパッケージに酪農イメージのルパン三世
・浜中町が発行する住民票、役場の封筒、名刺などにルパン三世が描かれる
・浜中町役場の公用車もラッピング車両
・商工会の電話保留音はルパン三世テーマ曲(※不要な電話はお控えください)
・霧多布岬[地図]はルパン三世登場40周年記念作品「ルパン三世 霧のエリューシヴ」の舞台になった場所

▼霧多布岬を望むきりたっぷ展望台
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

▼役場の公用車もラッピングカー
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

ルパン三世オリジナルグッズも制作・販売中

プロジェクトの一環として、ルパン三世のオリジナルグッズも制作しており、霧多布温泉ゆうゆや、町内13店舗で販売している。2014年夏現在、このために描き下ろしてもらったデザインをプリントしたTシャツ、トートバッグ、スポーツタオル、フェイスタオル、ストラップ、メモ帳、ノート、シール、ステッカー、キーホルダー、クリアファイルがある。毎年新たなグッズが誕生しており、2014年夏は、ルパン三世通りの仮想店舗のイメージで作ったコースターなどがデビューする予定。

街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)
街中にルパンがいっぱい!浜中町で『ルパン三世』スポット巡り(後編)

ルパン三世フェスティバル

浜中町総合文化センターで毎年8月に開催される『ルパン三世フェスティバル』は、2012年に本格的に開始して2014年で3年目となる。作者であるモンキー・パンチ氏が駆け付け、『ルパン三世』にちなんだ企画が盛りだくさんであるため、毎年、大学生や20代の若者から年配者まで、幅広い年代層が訪れる。

2014年は8月2~3日に開催。今回は「ルパン三世シアター」(作品の無料上映)のほか、モンキー・パンチ氏、栗田貫一氏、銭形警部役の声優・山寺宏一氏の3人のゲスト陣によるトークライブとアフレコ、スペシャル握手会を実施。3人が集まるのは珍しく、アフレコのイベントが行われるのは史上初とのこと。入場料等はかからず無料で観覧できる。

センター横では、浜中ビーフやホエイ豚、ホッケやカキなど、浜中のグルメをふんだんに味わえるイベントも同時開催。ルパン三世ファンはもちろん、そうでない人も楽しめる内容だ。商工会の斎藤惇さんは、「今年三年目のイベントだが、今までにない規模で、豪華ゲスト陣を迎える。是非浜中に来ていただきたい」と話す。

ルパン三世フェスティバルin浜中町
日程:2014年8月2日~3日
会場:浜中町総合文化センター(霧多布西3条1丁目47)[地図]ほか
ルパン三世宝島プラン公式ウェブサイト
※取材協力:浜中町、浜中町商工会、霧多布中央ハイヤー、霧多布温泉ゆうゆ、ほか

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。