旅する

まんべくんと行く長万部まち巡り

石原るみ子さんが、長万部町のキャラクター「まんべくん」と、まんべくんオススメのスポットを回る長万部企画! 長万部駅に降り立ったるみちゃんが、まんべくんと合流し、町内のグルメスポットなどを巡ります!

動画で見る長万部まち巡り

まんべくんオススメスポット

まんべくんと行く長万部まち巡り

浜ちゃんぽん長万部公園インフォまんべかにめし本舗かなや二股らぢうむ温泉旅館青華堂大虎飯店GRASSまんべくんの部屋サンミート木村

長万部って?

北海道渡島総合振興局管内の自治体「長万部町」。アイヌ語に由来し「おしゃまんべ」と読む。渡島半島の付け根あたりに位置し、内浦湾(噴火湾)に面しカニやホタテなど漁業が盛ん。人口は6400人ほどで、面積310km2。駅弁で全国に知られる「かにめし」は有名で、その長万部駅は函館線と室蘭線の分岐であり、道路交通でも交通の要衝です。高速道路も通っているものの、通過する町となってしまっているのが現状です。温泉もあり、中心部に長万部温泉、郊外に二股らぢうむ温泉があります。

まんべくんって?

長万部町が世界に誇るキャラクター「まんべくん」。2003年7月31日生まれ。長万部の特産品であるカニがボディー、耳はほたて、頭にアイリスの花という構成。まんべくんは2010年にtwitterを始め、メディアで紹介されたことでフォロワーが急増。2011年7月1日現在58000フォロワー。ファンを「まんべリアン」と称し、ファンといちゃいちゃするイベント「まんべ会」を札幌、東京、大阪等で開催し大好評。まんべくんの躍進は続く……。

長万部観光案内所インフォまんべ

まんべくんと行く長万部まち巡り

長万部町中心部、長万部駅前にある観光案内所。インフォメーションとおしゃまんべをかけあわせた「インフォまんべ」として2011年4月1日にオープンしました。老舗そば店「そばの合田」横の小さなスペースですが、長万部町の観光情報を提供しています。案内所前には、まんべくんの顔はめがあり大人気!

まんべくんと行く長万部まち巡り まんべくんと行く長万部まち巡り

かにめし本舗かなや

まんべくんと行く長万部まち巡り

長万部名物と言えば昔から「かにめし」でした。その元祖ともいえる「かなや」さんが、50種類以上の試作を重ねた末に昭和25年に発売したというかにめしは、発売以来変わらぬ伝統の製造方法で作っています。シンプルな味付けで、かにの香ばしさを楽しめるほか、味付けしいたけ、彩り錦糸玉子、梅、佃煮が入っています。町内では、長万部駅近くの店舗と国道5号線沿いの「ドライブインかなや」とがあります。長万部に行ったら「かにめし」は外せませんよ。

所在地:長万部町字長万部40番地の2
電話番号:01377-2-2007
営業時間:通年8:00~18:00

まんべくんと行く長万部まち巡り まんべくんと行く長万部まち巡り まんべくんと行く長万部まち巡り

レストランパブリックバーGRASS

まんべくんと行く長万部まち巡り

長万部中心部にあるレストラン。気さくなご夫婦が、おしゃれなレストランを経営していらっしゃいます。店内は木目調・植物が置かれ、雰囲気の良い2階建てのお店です。ご主人は釣りがお好きということで、店内にはそれに関するギャラリーも。こちらの人気メニューは、ボリューム感のあるジャンボオムライス、ルーがないピリ辛のチキンカリー。今回はチキンカリーとホタテ貝とトマトのピッツァを出していただきましたが、他にもボリューム満点・リーズナブルで美味しい手作りメニューがズラリ。長万部随一のレストランです。

所在地:長万部町大町31
電話番号:01377-2-2907
営業時間:日曜日定休、12:00~22:00

まんべくんと行く長万部まち巡り まんべくんと行く長万部まち巡り まんべくんと行く長万部まち巡り まんべくんと行く長万部まち巡り

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。