旅する

なぜ室蘭工場夜景が注目されているのか―その特徴と見どころ

なぜ室蘭工場夜景が注目されているのか―その特徴と見どころ

「工場萌え」。工場景観観賞を趣味とすることを指す言葉としてじわじわ広まりつつある言葉です。その中でも特に美しいとされ幅広い層で人気が高まっているのが「工場夜景」の分野です。函館夜景や小樽夜景、札幌夜景といったいわゆる市街地の夜景を楽しむものとは異なり、工場に的を絞って夜景を楽しむ人が増えています。今回は、その室蘭工場夜景の魅力に迫ります。

日本四大工場夜景のひとつとしての室蘭

国内には工場地帯が多くあります。太平洋ベルトといわれる京浜・東海・中京・阪神・瀬戸内・北九州といった工業地域・工業地帯が有名です。石油コンビナートや製鉄所などがあると目立つライトアップになり、それが工場夜景としての魅力を最大限に引き出します。

「日本四大工場夜景」はとりわけ際立った工場夜景として知られています。(1)京浜工業地帯(神奈川県川崎市)、(2)中京工業地帯(三重県四日市市)、(3)北九州工業地帯(福岡県北九州市)、そして北海道室蘭市です。それぞれ、製油所・石油コンビナート、製鉄工場、製鋼工場、造船所などが工場夜景を作りだしています。

室蘭工場夜景の特徴

港湾都市である室蘭市や苫小牧市は道内有数の工場地帯であり、道内最大の工場夜景の名所です。しかも歴史的にも北海道の工業を支えてきた一面もあります。室蘭には製油所、製鉄所、製鋼所、造船所が室蘭港にひしめき、特に製鉄業が明治時代から現代に至るまで続いていて、「鉄のまち」とも呼ばれるほどです。

室蘭工業地域は道外の工業地帯と比べるとこじんまりしている印象はありますが、天然の良港であり、対岸の工場群の夜景と湾に映り込んだ光を見渡せるのが特徴です。1998年に開通した白鳥大橋の美しいライトアップも、室蘭夜景を楽しむのに欠かせない存在となっています。

室蘭夜景の別の魅力は、海岸からすぐ山が形成されている、つまり湾を取り囲むように山が形成されており、高台から夜景を見下ろしやすいという特徴も兼ね備えているということ。標高は高くないものの、室蘭を見渡せる最適な高さである場合が少なくありません。平坦な地の苫小牧市では見られない特徴の一つです。

なぜ室蘭工場夜景が注目されているのか―その特徴と見どころ

室蘭夜景では、特に目を引くJX日鉱日石エネルギー室蘭製油所の明かりを話題にしたりする人もいましたが、比較的最近までほとんど誰も注目することのなかった"資源"でした。そんな室蘭工場夜景を取り上げた室蘭市広報紙「広報室蘭」2009年9月号で夜景を特集したところ、大きな反響を呼びました。1961年8月28日以来開催されてきた夜景見学会もようやく盛況となり、室蘭や苫小牧の工場夜景バスツアーが開催されるまでの人気になりました。全国的な工場夜景ブームに乗って、いま、「室蘭工場夜景」がアツイ!というわけです。

室蘭夜景を彩る工場を知ろう!室蘭市内の各工場プロフィール

事前に知識を蓄えておくと、夜景観賞も楽しくなるはず。室蘭港にひしめく主な工場のこと、室蘭工場地帯の歴史をある程度学んでおきましょう。

室蘭はその特異な地形ゆえに、港としての役割を担ってきました。1600年頃に松前藩がアイヌとの交易をするため絵鞆場所・運上屋を設置し、室蘭の歴史が始まりました。1872年には崎守町に室蘭海関所を設置。函館から室蘭を経由して札幌に至る「札幌本道」の掘削や、室蘭~岩見沢間の炭鉱鉄道敷設といった陸上交通のほか、函館や青森を結ぶ海上交通の要所としても発展しました。

そんな室蘭が工業地帯としての歩みを始めるきっかけとなったのは、明治時代における製鉄所や製鋼所の開設。日本製鋼所室蘭製作所、新日本製鐵室蘭製鐵所が設立され、主に「鉄のまち」として発展を遂げてきました。戦時下は軍用生産でしたが、戦後に製鉄所・製鋼所のほか、函館どつくといった造船所、日鐵セメントやJX日鉱日石エネルギーといった近代工業も進出し、関連中小企業も合わせて道内屈指の工業地帯となって現代に至っています。

それでは早速、各工場群を紹介しましょう。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。