若者たちの活気に満ちあふれている注">
 若者たちの活気に満ちあふれている注">創成川イーストを散策しよう! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
旅する

創成川イーストを散策しよう!

編集部
Written by 編集部

 若者たちの活気に満ちあふれている注目のエリアを散策。下町でありながら、個性的なお店が集まった創成川イースト。創成川の東側、二条市場周辺を中核として、サッポロファクトリーあたりまでを「創成川イースト」と呼んでいます。今回、そんな創成川イーストエリアを散策してみました。

ここはおさえておきたい!メジャーどころ

二条市場・のれん横丁 (札幌市中央区南3条東1丁目・2丁目)

創成川イーストを散策しよう!
創成川イーストを散策しよう!  明治36年に始まったという老舗市場。南3条東1~2丁目にまたがっている、札幌市民の台所です。道内三大市場の一つに数えられているそうです。今でも、魚介類を販売するお店がほとんど並んでいます。アーケードがついているので、雨でも雪でもゆっくり見て回ることができますよ。裏には「のれん横丁」もあり、カレー店、イタリアン、串焼き、居酒屋などが林立しています。二条市場詳細
創成川イーストを散策しよう! 創成川イーストを散策しよう!
ここにも注目!アーケードの天井にある照明。普通の照明じゃありません。
こんな鉢巻をしてシャケを手に持つ小さな像もありますよ。御愛嬌。

M'sEAST、M's二条横丁 (札幌市中央区南2条東1丁目)

創成川イーストを散策しよう! 創成川イーストを散策しよう!
二条市場の向かいにある小さな建物。隣り合っています。建物は小さくても侮るなかれ、2階建てでたくさんの個性的な飲食店が入っています。スープカレー店、フランス料理店、カフェ、居酒屋などが、狭い通路の両側に並んでいます。基本的に夜の営業になりますが、夜だと分かりにくいかもしれません。M's詳細

千歳鶴酒ミュージアム (札幌市中央区南3条東5丁目)

創成川イーストを散策しよう! 2002年にオープンした千歳鶴の資料館。札幌にも老舗酒造があるんですよ。ここでは明治5年の創業から現在に至るまでのパネル展示、商品ラインナップ展示のほか、仕込水として使っている地下150mの豊平川伏流水を試飲できます。千歳鶴試飲コーナーもありますし、カフェコーナーもあります。人気メニューは酒粕ソフトクリーム(300円)。千歳鶴酒ミュージアム詳細

サッポロファクトリー・開拓使麦酒醸造所見学館 (札幌市中央区北2条東4丁目)

創成川イーストを散策しよう!
いわずとしれた大型商業施設。サッポロビールの前身・開拓使麦酒醸造所跡地に造成された施設であり、レンガ館では当時のレンガ造りの建物を緑の草が壁を覆っています。西館、フロンティア館、および2条館と3条館があります。2条館と3条館の間にはシンボル的存在である全天候型のアトリウムがあり、屋内庭園の中で休憩や軽食を楽しむことができます。また、ビール醸造の様子を見ることができる建物、明治時代を再現したビールの提供もありますよ。サッポロファクトリー詳細

旧永山武四郎邸 (札幌市中央区北2条東6丁目)

創成川イーストを散策しよう!
サッポロファクトリーアトリウムの隣にある建物。北海道の開拓史では重要な人物である永山武四郎が私邸として明治時代に建築。南側に和風の木造建築、北側に白い壁の洋風建築と分けられています。入場は無料なので、建物の中を散策してみてもいいし、周辺は木々に囲まれているので散策してもいいかも?旧永山武四郎邸詳細

サッポロファクトリーアトリウムと旧永山武四郎邸間の紅葉も綺麗。
創成川イーストを散策しよう!

ちょっと休憩、スイーツでも……

創成川イーストを散策しよう! 創成川イーストを散策しよう!

ハレル屋 (札幌市中央区南2条東5丁目)

ロールケーキがおいしいお店。由仁町でオープンし2010年に札幌市に移転オープン。かわいらしいお店で、注文後その場で巻いてくれます。ハレル屋詳細

スウィート・レディ・ジェーン (札幌市中央区北3条東5丁目)

サッポロファクトリー向かいにある人気スイーツ店。カントリー風のかわいらしい外装・内装が特徴的です。ケーキ、クッキーなどのほか、人気商品ミルクレープも取り扱っています。

おまけ情報!

創成川造成中

創成川が大規模工事中です。創成川河川敷に緑地化を進めており、ベンチや遊歩道が設置されます。
創成川イーストを散策しよう!

500m美術館

10~11月の「さっぽろアートステージ」の一環。札幌市営地下鉄東西線大通駅~バスセンター前駅の間の地下コンコースの壁を利用して、絵画を展示しています。
創成川イーストを散策しよう! 創成川イーストを散策しよう!

劇団四季誕生

北海道四季劇場が2011年1月、札幌市中央区大通東1丁目に誕生。2011年春からライオンキングをロングラン公演。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。