旅する

屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

編集部
Written by 編集部

弟子屈町をご存じでしょうか? 弟子屈町と書いて「てしかがちょう」と読むこの町は、道内では知らない人は少ないであろう有名な町ですが、道外の方には町名としてはあまり知られていない場所かもしれません。しかし、摩周湖や屈斜路湖がある町と言えば、なるほど!と納得される方も多いのではないでしょうか。

弟子屈町は、道東最古と言われている摩周温泉や、湯の町として知られている川湯温泉など、温泉地がいくつかあることでも知られています。そこで、北海道ファンマガジンでは、弟子屈町にある無料で楽しめる足湯や露天風呂などを訪れてみました。JR釧網本線の川湯温泉駅を出発し、ぐるりと町内を車で回り川湯温泉駅に戻るまでを順に羅列しました。道東に行かれたときには参考にしてみてください。

屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

▼JR釧網本線の川湯温泉駅を出発
屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

(1) まずはJR川湯温泉駅の足湯で一休み

屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

JR川湯温泉駅の駅舎に足湯があります。駅舎を利用しているので中は暖かく、寒いときには暖が取れるうれしい施設です。木で作られたベンチ、テーブルがあるのでゆっくり温まることができます。無人駅なのでアナウンスがありません。列車待ちで利用する人は注意しましょう。

屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

ちょっと寄り道!硫黄の噴煙は見ごたえあり!「硫黄山」

屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

ここには入れる温泉はありませんが、硫黄の噴煙が地中から噴出しているのが見られます。JR川湯温泉駅から川湯温泉街に行く途中にありますので、寄ってみてはいかがでしょうか。 JR川湯温泉駅からは約1.6km、車で約2分で行くことができます。 夏期は駐車場が有料(乗用車500円)ですが、冬期(11月下旬~翌年4月上旬)は無料になります。

▼ゴーゴーと音を立てて吹き上がる硫黄の噴煙は見応えがあります

(2)(3)(4) 川湯温泉街の3つの無料足湯へ!

川湯温泉街には、現在(2016年12月)3つの足湯があります。町内の園地(阿寒国立公園川湯園地)の中にある足湯と、ホテルが無料開放している足湯です。以前はもう少し多くの足湯がありましたが、ホテルが閉館していたり、リニューアルに伴い廃止されたりなどして、少なくなってしまいました。

硫黄山から向かうといちばん近い足湯は川湯観光ホテルが運営している足湯です。硫黄山からは約2.1km、車で3分ぐらいです。

▼川湯観光ホテルの入口横にある足湯。屋根がないので雨の日や雪が積もった日などは座って利用することができません
屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選 屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

川湯観光ホテル
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-2-30
TEL:015-483-2121
http://www.iionsen.com

次に向かったのは川湯観光ホテルから100mぐらいしか離れていない名湯の森ホテルきたふくろうです。ここもホテルが無料開放している足湯です。

▼屋根がありませんので利用できない日があります。ここでは飲泉もできます
屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選 屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

名湯の森ホテル きたふくろう
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉
TEL:015-483-2960
http://www.kitafukuro.com

川湯温泉街で最後に訪れたのが阿寒国立公園川湯園地内にある足湯です。ここは名湯の森ホテルきたふくろうから約500mの距離にあります。

▼屋根があるので横殴りの雨、雪などの時以外は利用することができます
屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

園地の中にある足湯ですが、道路沿いにあるのですぐに見つけることができます。

▼川縁にある足湯。川からも湯気がもうもうと上がっています
屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選 屈斜路湖・川湯温泉周辺の無料で楽しめる足湯・露天風呂10選

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。