旅する

洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

洞爺湖をぐるり取り囲む約43kmの湖畔沿いに、アートギャラリー「とうや湖ぐるっと彫刻公園」があるのをご存じでしょうか。自然の中に溶け込むように、湖畔のあちらこちらに点在するアート作品。その数は実に58基にも及びます。

北海道ファンマガジンでは今回、それらのアート作品をすべて網羅。鑑賞の手助けになればと、ひとつひとつ写真に収めてきました。ぜひ参考にしてみてください。

58基が高らかに唱える「生の賛歌」

▼アートギャラリーの全体図
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

アートギャラリー「とうや湖ぐるっと彫刻公園」のテーマは、ズバリ「生の賛歌」。作者も多彩なら素材も多彩、具象と抽象の入り乱れた作品群ですが、見ていくうちに、その一貫したテーマを肌で感じることができるはず。

▼各所ポイント毎にこうした案内板あり
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

このアートギャラリーの構想が生まれたのは、有珠山の噴火で閉鎖された北海道立教員保養所の記念碑「回生」(1984)と、土石流災害の慰霊碑「意心帰」(1988)が湖畔に建立されたことがきっかけでした。どちらも北海道を代表する彫刻家・安田侃の作品です。

そこで今回は、2つの安田侃作品から湖畔を反時計回りに進みつつ、全作品を紹介していくことにしましょう。

洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

まずは洞爺湖温泉街の西端から

洞爺湖温泉街の湖畔沿いは、湖畔遊歩道として整備されています。その西端から東端へと、まずは14基の作品が建ち並びます。

洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

1.「意心帰」安田侃(1988設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

2.「回生」安田侃(1984設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

3.「風」山田吉泰(1994設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

4.「湖渡る風」坂担道(1992設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

5.「Sun-TOYA 讃洞爺」速水史郎(1993設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

6.「女」笹戸千津子(1991設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

7.「旅ひとり」峯田義郎(1992設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

8.「SKY-交差する気」常松大純(1995設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

9.「太陽の賛歌」小寺真知子(1991設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

10.「虹幻想」瀧川嘉子(1994設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

11.「円錐形にえぐられた立方体」堀内正和(1993設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

12.「洞照」雨宮敬子(1992設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

13.「ひまわり」佐藤忠良(1996設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

14.「湖畔にて」黒川晃彦(1992設置)
洞爺湖を取り囲む「とうや湖ぐるっと彫刻公園」58作品を完全制覇!

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】