旅する

屈斜路湖&摩周湖の雲海を見るならココへ行け!周辺雲海スポット7選

7.「摩周湖第1展望台」からも、意外な雲海シーンが

屈斜路湖&摩周湖の雲海を見るならココへ行け!周辺雲海スポット7選

摩周湖の雲海といえば、第3展望台に注目が集まりがちですが、「摩周湖第1展望台」からの雲海にも独特の個性があります。ここから見る摩周岳はやさしい表情。左手に見える斜里岳とともに、優雅なシルエットで雲海をたたえる姿は幻想的です。

運が良いと、「摩周湖第1展望台」からも意外な雲海風景を眺望できます。南方向に視線を向けると、釧路湿原や根釧台地を埋め尽くす遥かな雲海が……。これもまた、ひと味違ったダブル雲海です。

▼「摩周湖第1展望台」駐車場から見る根釧台地の雲海
屈斜路湖&摩周湖の雲海を見るならココへ行け!周辺雲海スポット7選

▼外輪山から移流霧が流れ込み雲海となる瞬間
屈斜路湖&摩周湖の雲海を見るならココへ行け!周辺雲海スポット7選

「摩周湖第1展望台」は駐車場が広く、24時間使用できるトイレが整備されているので、日の出の雲海シーンを見るために夜明け前からじっくりと待機するには便利なスポットです。

摩周湖第1展望台
所在地:北海道川上郡弟子屈町弟子屈原野
利用時間:24時間
利用期間:通年
レストハウス開館時間:8:00~18:00
駐車場:140台、バス17台、有料(普通乗用車500円、硫黄山と共通利用)
屋外トイレ:24時間
問い合わせ先:015-482-2200 摩周湖観光協会、015-482-1530 摩周湖レストハウス
公式サイト
摩周・屈斜路雲海ツアー
所要時間:約90分(送迎付き)
料金:大人1名3,500円
予約・問い合わせ先:015-483-2101 ツーリズムてしかが
※気象条件により雲海が発生しない場合や、悪天候により中止になることがあります
最寄りの宿泊情報
弟子屈町川湯温泉まで約15キロメートル(夏季)、摩周湖観光協会015-482-2200まで問い合わせを。

裾野の雲海を眺めながら走る楽しさ

屈斜路カルデラ全体を移流霧が覆う時は、雲海スポットを行き来する道すがらにも、裾野に垂れこめる雲海を見ることがあります。こんな時はまるで「おまけ」をもらったようで、とってもうれしい。そうした「裾野の雲海ウォッチロード」も2カ所ご紹介します。

1カ所目はあまり知られていない秘密の道です。場所は和琴半島付近の屈斜路湖沿い。ほとんどの人は国道243号を利用しますが、実はこの国道に沿うようにして、西側に1本裏道が通っているのです。この裏道は少し小高くなっているため、走っていると湖面の上に雲海が漂う、なんとも美しい風景を見ることがあります。

▼国道243号の西に走る、知られざる雲海ウォッチロード
屈斜路湖&摩周湖の雲海を見るならココへ行け!周辺雲海スポット7選

行き方は、津別峠展望台を下りて国道243号を弟子屈市街方面へ向かい、屈斜路プリンスホテルを過ぎてすぐ、「島見橋」から右折。400メートル先を左折すると、左側に雲海風景が見えることが……。そのまま走り2.3キロ先で左折をすると国道243号に合流できます。くれぐれも農場に立ち入ったりはせず、景色だけを楽しんでください。

▼道道102号(網走川湯線)の裾野雲海
屈斜路湖&摩周湖の雲海を見るならココへ行け!周辺雲海スポット7選

2カ所目は、川湯温泉から「藻琴山展望駐車公園」や「ハイランド小清水725」に向かう道道102号。早朝、展望台に到着する前から、大地をはう移流霧に出会うとワクワクが止まりません。

ライブカメラをうまく使って、雲海スポットのハシゴもできる

貴重な旅時間ですから、なるべく無駄足なく効率の良い雲海めぐりをしたいもの。そこで役立つのがライブカメラです。「津別峠ライブカメラ」と「摩周湖ライブカメラ」は1分おきに更新されるので、夜間以外は天候や湖面の様子がリアルタイムで分かります。「美幌峠ライブカメラ」もありますがこちらは30分更新。湖面の様子も分かりますが、天候や道路状況を確認することに適したカメラです。

▼「津別峠展望施設」に設置されたライブカメラ
屈斜路湖&摩周湖の雲海を見るならココへ行け!周辺雲海スポット7選

目覚めたらこれらのライブカメラをまっ先に見て、雲海が出ているかどうかを確認してから向かうという手もあります。屈斜路湖と摩周湖の、どちらへ向かうべきかの判断材料にもなります。

また各展望スポットが50キロメートル圏内に集約している屈斜路湖と摩周湖なら、同じ朝に雲海スポットをハシゴすることも難しくありません。雲海は夜明けころに発生し、午前8時くらいまで残っていることが多いので、屈斜路の雲海スポットを複数見比べたり、屈斜路湖と摩周湖をめぐったりと、存分に見てまわることができます。

ハシゴをする際にもライブカメラが役立ちます。まだ雲海が出ているかどうかを随時確認しながら次の目的地に向かえるので安心です。

たとえば8月中旬に「津別峠展望台」で夜明けの雲海を見るとするなら、日の出時間は4時20分ころ。この時間に合わせて出かけて、朝日に染まる雲海をゆっくりと見て、5時30分ころに50キロメートル先の「ハイランド小清水725」を目指しても、7時ころには到着できます。

津別峠ライブカメラ(1分更新)
摩周湖ライブカメラ(1分更新)
美幌峠ライブカメラ(30分更新)

屈斜路湖と摩周湖の雲海ウォッチ 便利情報

屈斜路湖・摩周湖の雲海スポット 移動距離めやす

・津別峠展望台~ハイランド小清水725 約50キロメートル
・津別峠展望台~摩周湖第3展望台 約42キロメートル
・津別峠展望台~美幌峠展望台 約22キロメートル
・ハイランド小清水725~美幌峠展望台 約44キロメートル
・ハイランド小清水725~摩周湖3展望台 約30キロメートル
・美幌峠展望台~摩周湖3展望台 約40キロメートル

気温と服装

ひがし北海道は夏季でも早朝の気温が10度前後まで下がることがあります。特に6月上旬や9月以降は7度くらいまで冷える朝もあります。しっかりと寒さ対策をしてお出かけください。

美幌峠雲海予測

美幌観光物産協会が日本気象協会の協力を得て公開している「美幌峠雲海予測」。翌日屈斜路湖に雲海が発生する確率はどのくらいか、気象予報士が毎日、予報とコメントを発表しています。予報が20%や30%でも雲海が発生することは何度もあります。一つの目安として参考にしてみましょう。

2018年屈斜路湖・摩周湖周辺の日の出時刻

6月1日 3時40分ころ
7月1日 3時45分ころ
8月1日 4時15分ころ
8月15日 4時22分ころ
9月1日 4時45分ころ
9月15日 4時56分ころ
10月1日 5時14分ころ

筆者について

浜岡あけみ

浜岡あけみ

1985~96年まで札幌市の広告制作会社でコピーライターとして勤務した後、フリーランスに。現在、ひがし北海道を拠点として執筆中。