"> ">話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入!

山下愛未
Written by 山下愛未

【小樽市】 「客船クルーズ」や「船旅」、と聞くとどこか縁遠いイメージをお持ちの方も多いとは思いますが、昨今はクルーズタイプもバラエティ豊かとなり、2泊3日や一週間など、気軽に参加できるプランもあります。また、今夏公開の映画「謎ときはディナーのあとで」がクルーズ船にて撮影されたこともあり、今後はクルーズ旅行がより身近となることでしょう。

そんな注目のクルーズ旅行が、来年(2014年)の夏、小樽港発着にて運行決定!ということで、去る2013年7月19日、小樽港にて行われた内覧会へ行ってまいりました。

話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入!

こちらのサンプリンセス号ですが、とにかく大きい。写真に納まりきらないほど!!大きさは、全長261m・全幅32mだそう。

話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入!

中はどんな風になっているのか……期待を膨らませ、いざ入船! セキュリティが厳しく、入船前に簡単なセキュリティチェックと手荷物検査を受けます。 ひっかからないかドキドキしつつ、無事検査を終え一歩足を踏み入れると……

話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入!

ホテルのようなフロントが出迎えてくれ、さらに奥にはエントランスホールが広がっており、船の上にいるということを忘れさせてくれるような空間です。本来持っている煌びやかさが、外の光によってさらに輝きを増し、さらには吹き抜けが開放的。そちらを囲うようにしてレストランや、免税店などがあります。

お食事はコース料理はもちろん、和洋中のバイキング、ちょっと休憩がてらのアイス、夜のバーコーナーや寄港地でとれた海鮮を利用したお寿司屋さんなど豊富な内容!特にバイキングコーナーは常時オープンしているので、船にいる間お腹がすくなんてことはないでしょう。上級者はコース料理の後に、別腹のデザートを食べに訪れる方もいるようです。

食事や飲み物代金はすべて含まれているので、お金の心配もありません。当然、たくさん食べたほうがお得ですね!(お腹が心配……) 夜の海を見ながらのお食事なんてのも、また最高ですね!

話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入!

さらに、ビーチ(に見立てたプール)もあり、贅沢な気持ちを味わせてくれます。 一瞬、ここは海外のビーチリゾートなのだろうか。と疑ってしまうほどです。

話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! 話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入!

他にも、フィットネスジムや図書館、ネットカフェ、等の設備も充実。カジノや劇場などのエンターテイメントもあり、船の中にいる間退屈することはないでしょう。一人ひとりに合わせた滞在ができ、快適に過ごすことができる様はまさに洋上のホテルです!

話題のクルーズ旅行でラクラク北海道一周! サンプリンセス号に潜入! スタッフの方は親切で、カメラを構えると「写真撮ってあげようか?」といつも聞いてくれます。私が見学したときはフィリピン人のスタッフを多く見かけましたが、もちろん日本人スタッフや日本語を話せる方もいるそうなので、言語の心配は不要です。レストランでは日本語のメニューも用意されていました。

そうして、それぞれ思い思いに過ごし、目覚めたら次の街。船に乗ることで、今まで移動にかけていた時間や体力が節約でき、ゆったりと過ごすことができます。

気になるツアーの概要は下記にて。すでに2014年度の予約受付は開始されているようなので、取り扱い旅行会社もしくは公式サイト(http://www.princesscruises.jp/)をご確認下さい。

2014年 小樽港出航 サンプリンセス号(姉妹船)「北海道周遊とサハリン8日間」

スケジュール
1日目:小樽(出航*17:00) → 2日目:函館(入港*07:00/出航*23:00) → 3日目:室蘭(入港*07:00/出航*18:00) → 4日目:釧路(入港*07:00/出航*18:00) → 5日目:知床半島クルージング → 6日目:網走(入港*07:00/出航*17:00) → 7日目:コルサコフ(入港*06:00/出航*18:00) → 8日目:小樽 下船

出発日
・2014年6月28日(土)~2014年7月5日(土)
・2014年7月5日(土)~2014年7月12日(土)
・2014年7月12日(土)~2014年7月19日(土)
・2014年7月19日(土)~2014年7月26日(土)
・2014年7月26日(土)~2014年8月2日(土)
・2014年8月2日(土)~2014年8月9日(土)
・2014年8月9日(土)~2014年8月16日(土)
・2014年8月16日(土)~2014年8月23日(土)
・2014年8月23日(土)~2014年8月30日(土)
・2014年8月30日(土)~2014年9月6日(土)
・2014年9月6日(土)~2014年9月13日(土)
・2014年9月13日(土)~2014年9月20日(土)

AirBookmark

筆者について

山下愛未

山下愛未

1988年1月27日生まれの会社員。札幌市在住、第二の故郷は胆振。モットーは『一度しかない人生だもの。貪欲に、ワガママに、ハッピーに、そして強かに生きる』。年のせいか最近時間の流れがとても短く感じている筆者が、おいしい!っと思ったグルメや、ステキ!っと思った場所、大好きな温泉の事などを綴る。