味わう

ニューヨークに思いを馳せて優雅な時間を―Brooklyn Parlor SAPPORO

ニューヨークに思いを馳せて優雅な時間を―Brooklyn Parlor SAPPORO

【札幌市】2014年8月28日にオープンした、札幌の新名所「赤レンガテラス」にあるカフェ「Brooklyn Parlor SAPPORO」。 「SAPPORO」とつく名称だけあり、他に大阪、福岡、そして東京にも支店がある。 東京のガイドブックにも掲載されており、気になっていたもののなかなか行く機会に恵まれなった私。早速取材に行ってみた。

カフェ、音楽、本、人……ニューヨークを思わせるかのような「異文化の融合」

一歩足を踏み入れた時に、異世界にいるような違和感を感じた。

私が今まで訪れたことのあるカフェは、2~4名がけのテーブル席が中心で、 たまに大人数がかけれるソファー席があるといったカフェが多かったが、 ここ「Brooklyn Parlor SAPPORO」は、 入ってすぐにBarカウンター、10名はかけれそうな大きなテーブルが2台。そこでは友人同士はもちろんのこと、スタッフとお客様が談笑している姿もあり、フランクな印象。 他はソファーのあるスペースが2つに、もちろん2~4名がかけれる席もちゃんとある。

ニューヨークに思いを馳せて優雅な時間を―Brooklyn Parlor SAPPORO
ニューヨークに思いを馳せて優雅な時間を―Brooklyn Parlor SAPPORO

そして、赤レンガテラス内の店舗という利点が十二分に生かされた、広くて大きな窓。 一般的に大きな窓はスペースを広く見せてくれる効果もあるそうだが、実際席数が豊富にあった。そんな明るい店内とは対照的に、店内のBGMはジャズが流れていた。 黒のエプロンに身を包んだ、スタイリッシュなスタッフの方に、「こちらの本はご自由にお読み下さい」と言われ振り返ると、大きな本棚が設置されていた。

ニューヨークに思いを馳せて優雅な時間を―Brooklyn Parlor SAPPORO

スタッフの方いわく、「当店の楽しみの一つはお食事、音楽を楽しみながらお気に入りの本を見つけること」とのことで、レシピ本、ファッション雑誌、旅に出たくなるような旅行ガイドや自然についての本が、約1500冊程揃えてある。

おすすめドリンク・自家製レモネードに現れる、ニューヨーク・スピリット

ニューヨークに思いを馳せて優雅な時間を―Brooklyn Parlor SAPPORO

スタッフおすすめの「自家製レモネード(\600)」を頂いた。 レモンの爽やかさは残しつつも、酸っぱすぎずスッキリとした甘さのある味わい。 私はここ2~3年、毎年夏になるとレモン系の飲み物やモヒートを飲みたくなるのだが、炭酸が苦手な故なかなか理想とするものに出会えずにいたが、こちらのレモネードはまさに私の理想ぴったりのレモネードだった。

思わず一気飲みしたくなってしまう衝動を抑え、大事に少しずつ飲んだ。 普通は氷が溶けて味が薄くなってしまうけれど、 氷の上にレモン味のシャーベットを載せてある「ハーフフローズンスタイル」のおかげで、溶けても味が保たれている。

この「ハーフフローズンスタイル」のレモネードは、ハバナのレストランで飲まれていたものを再現したもの。 スタッフが以前キューバを訪れた際、偶然立ち寄ったハバナのレストランで、全員と言っていいほどのお客さん達が飲んでいて驚き、インスピレーションを受けたとのこと。ローズマリーが添えられ、オリジナルスタイルに完成。 このような姿勢に、色々な人種が住み、それぞれの文化が共存しているという、ニューヨークのスピリットを感じた。

この他にも酢で割った「ビネガーソーダ」ドリンクも人気で、アルコールメニューも充実。 ケーキや人気のパンケーキ、アルコールに合う軽食もあり、昼夜問わず色々なスタイルに対応できそう。

ニューヨークに思いを馳せて優雅な時間を―Brooklyn Parlor SAPPORO

正直なところ、ジャズがガンガン流れており、カフェに求められる「落ち着き」とはほぼ遠い気がしたが、滞在しているうちにだんだんと心地よくなってくる。 遅効性、という意味で、お店のコンセプトでもある「即効性ばかりが求められる検索型の社会だから、文化や芸術がもつ遅効性のたのしさを」にそぐうものを感じた。

ぜひ「Brooklyn Parlor SAPPORO」で、ニューヨークに思いを馳せながら、 「人生における、無駄で優雅なもの」を感じる……そんな時間を過ごしてみてはいかが。

Brooklyn Parlor SAPPORO
北海道札幌市中央区北2条西4-1番地赤れんがテラス2階
アクセス:地下鉄南北線「さっぽろ」駅 徒歩2分、地下鉄東西線・南北線「大通」駅 徒歩5分、JR「札幌」駅 徒歩5分
電話番号:011-209-3737
営業時間:11:30~23:00 定休日:不定休
ウェブサイト

筆者について

山下愛未

山下愛未

1988年1月27日生まれの会社員。札幌市在住、第二の故郷は胆振。モットーは『一度しかない人生だもの。貪欲に、ワガママに、ハッピーに、そして強かに生きる』。年のせいか最近時間の流れがとても短く感じている筆者が、おいしい!っと思ったグルメや、ステキ!っと思った場所、大好きな温泉の事などを綴る。