トピックス

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

編集部
Written by 編集部

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

北海道を紹介する読本が増えつつあります。北海道の生活文化、あるあるまで、北海道民が楽しめる内容の本です。そんな本の中には、北海道ファンマガジンを参考文献として使っていただいている本もあります。今回は編集部が見つけてきた「北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道読本」と題して、一挙ご紹介いたします!

『北海道ルール』

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

交通編、買い物編、食べ物編、街なか編、言葉・人間関係編、生活あれこれ編にわかれて48の道民のルールを紹介している本。冬の生活、方言、地名、ザンギ、甘納豆入り赤飯や、節分の落花生まで、北海道ファンマガジンの道民のジョーシキ特集にある内容が盛りだくさん。随所に漫画を織り込みながら、面白おかしく紹介しています。

この本の参考文献では、『札幌学』『いんでないかい!!北海道』『やっぱり北海道だべさ!!スペシャル版』などの類似書籍に並び、ウェブサイトから唯一『北海道ぷっちねっと』(当時の名称)が記述されております。

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

2011年3月3日発行、中経出版、都会生活研究プロジェクト北海道チーム著
購入はこちらから

『北海道日本一』

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

「世界が大注目の日本一をかたっぱしから集めました」とPRするのは『北海道日本一』という本。空の乗客数世界一、日本一長い直線道路29.2㎞、女性の喫煙率日本一などなど100連発!「なんでも日本一」「ギネスもびっくり世界一」「大きいから日本一」「寒いから日本一」「自然大国北海道」「北海道 初物語」と大きくわけ、コラムも交えながら北海道の記録を紹介しています。

参考文献は数多く記述されていますが、その中で9行目に北海道ファンマガジンの名を見つけることができるでしょうか。北海道に数多くの日本一や世界一、日本初や世界初があることを知っていただければ幸いです。

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

2013年3月8日発行、宝島社、北海道日本一編集部編
購入はこちらから

『北海道民のオキテ』

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

『水曜どうでしょう』のミスターも推薦!との文字が躍る本がこちら。おせちは大みそかに食べる!?など他県民びっくりの道民の生態を、さとうまさ&もえ原作、たいらさおり漫画でつづります。全編マンガ形式で、随所にコラムが付きます。「グルメのオキテ」「冬のオキテ」「方言のオキテ」「日常のオキテ」の4章構成になっており、親しみやすく読みやすい内容ではないかと思います。

取材協力のほか参考文献として、12番目に北海道ファンマガジンの名とURLを見つけることができます。

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

2014年4月14日発行、KADOKAWA発行、中経出版編集
購入はこちらから

『マンガでわかる 道民も知らない北海道』

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

こちらもマンガ形式で北海道の知られざる姿に迫る本です。ツイッターに寄せられた道民の知りたい声にこたえて、たくの&きつねこが道内を大調査したという内容です。札幌在住の漫画家兼イラストレーターである山吹たくのが手がけました。「全国から寄せられた北海道を調査せよ」「道民目線で札幌の観光地を調査せよ」「新千歳空港でお土産を調査せよ」「日本一の直線道路を調査せよ」「魅力満載の北見を調査せよ」とわかれており、特定の地域ごとに魅力を紹介するテイストになっています。

参考文献にはウェブサイトも記載されており、4番目に北海道ファンマガジンの名とURLがしっかり紹介されています。

北海道ファンマガジンが参考文献になっている北海道本を一挙ご紹介!

2015年7月1日発行、リンダパブリッシャーズ企画編集、山吹たくの著
購入はこちらから

いかがでしたか? 読んでみたいと思った本はありましたか? もしあれば、書店で手に取っていただいて読んでいただければ嬉しく思います。また、他にも北海道ファンマガジンが参考文献になっている本があることを知っている!という方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせいただき、教えていただけますと幸いでございます。

▼北海道ファンマガジン広報るみこと、北海道ファンマガジンキャラクターばんくんによる4冊の紹介動画はこちら

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。