トピックス

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

編集部
Written by 編集部

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

皆さんこんにちは、編集部のかずです。北海道は暖かい日が続くようになってきました。花もライラックから芝桜と、次から次へと咲いています。道民にとってはとても過ごしやすい季節ですね。

さて、6月になりましたので、先月の月間人気ランキングとともに、先月の記事を振り返ってみましょう。1位になったのは果たしてどの記事なのでしょうか?

【5位】柔らかく臭みないラム肉をステーキ&ジンギスカンで!新篠津ラムラム

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

まずは5位。新篠津村に昨年誕生したジンギスカンの美味しいお店「ラムラム」さんです。オーナーさんがとにかく惚れたお肉を仕入れ、老舗精肉店の秘伝のたれを特別に伝授されたというお店。ばんくんロケとしてお邪魔しましたが、ジンギスカンが苦手な人にもおすすめのお店です。この値段でこの味。大満足間違いありません。だまされたと思ってぜひ訪れてみてくださいね。なお、本記事は、北海道ファンマガジンが協力しているFM NORTHWAVE『Hidey-Ho!』内でも紹介させていただきました。 →詳しくはこちら

【4位】開湯90周年!若い力で盛り上げ図る日本最北の温泉郷「豊富温泉」

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

4位に入ったのは、今年開湯90周年を迎えた日本最北の温泉郷・豊富温泉。かつて賑わいを見せていた温泉地はいま、若者たちの手によって変革がもたらされています。温泉宿は3か所だけですが、そのうちの1か所で、温泉街で最も古い温泉旅館である「川島旅館」全面協力のもと、温泉のあゆみと温泉の魅力について話を伺いました。若者たちによって地域活性化に取り組む好例として編集部でも今最も注目している地域の一つです。是非足を運んでみてください。 →詳しくはこちら

【3位】発売から110年!明治生まれの元祖・和スイーツ「柳もち」をご存知?

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

3位に入ったのは、札幌駅構内でしか手に入らない、しかもすぐ売り切れてしまうという幻の駅弁「柳もち」。ご存知ない人も結構いたようですが、明治時代から110年続く元祖和スイーツです。その歴史について、製造元の洲崎昭光社長、そして道内のお菓子の変遷についても詳しいまち文化研究所・塚田敏信氏に取材協力いただき、一つの記事としてまとめました。 →詳しくはこちら

【2位】実は手軽に楽しめる!「佐藤水産」ファンおすすめのテイクアウト4品

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

2位は、石狩市や札幌市などで8店舗を展開する佐藤水産。札幌でおいしい魚を食べたければ佐藤水産がイチオシということで、とりわけ佐藤水産のテイクアウト品を中心に取り上げました。水産会社ですが、夏季に販売する塩ソフトクリームは人気商品の一つ。どれも絶品ですので、是非お立ち寄りくださいませ。 →詳しくはこちら

【1位】1日1000個以上売れる人気スイーツも!江別の新名所「EBRI(エブリ)」

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

そして堂々の一位に輝いたのは、北海道新幹線開業前日、江別市野幌にオープンした新名所「EBRI」です。ベーカリー&スイーツ、雑貨、ファッションまで多様なジャンルのお店が入っています。その中でも、イルマットーネアルルのスイーツショップにある「サクもちシュー」は大人気で、1日に1,000個以上売れる日もあり、製造が追いつかないこともしばしば。そして建物も赤レンガで素敵。是非ぷら~っと遊びに行ってみてはいかがでしょうか。 →詳しくはこちら

ファンマガラジオ2016年6月版

2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット

ネット上で聴くことができるPodcast番組「ファンマガラジオ」! 今回は次の内容でお送りします。 なお、今回はりえにゃん多忙につき、ファンマガ運営スタッフるみこがMCを務めます!

・【ミニテーマ】今回はお休みです
・【月間ランキング】先月5月の人気記事ランキングトップ3を振り返る!
・【編集長のイチオシ!】先月の記事から定山渓イルミネーションイベント取材裏話をご紹介!

※ Directed by りえ(ファンマガ編集部スタッフ) / BGM by MusMus / 2016年5月の人気記事ランキング発表!1位は江別に誕生した新スポット Podcast RSS購読

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。