トピックス

北海道限定缶コーヒー「BOSS 北海道オリジナルブレンド」新登場!

編集部
Written by 編集部

サントリー食品インターナショナル株式会社は、2017年4月4日(火)に北海道限定「ボス 北海道オリジナルブレンド」を発売しました。

サントリーの缶コーヒー「BOSS」は、1992年の発売から今年で25周年を迎えるロングセラーブランドです。同社は今回、ヘビーユーザーとの絆をさらに深めるため、全国1万人嗜好調査を実施。東北・北海道・九州において、各エリアの消費者の嗜好や消費マインドをとらえたエリア限定商品を新発売することになりました。

▼東北・北海道・九州で新発売したエリア限定商品。中央が北海道限定「BOSS 北海道オリジナルブレンド」
北海道限定缶コーヒー「BOSS 北海道オリジナルブレンド」新登場!

北海道限定で新発売するのは「ボス 北海道オリジナルブレンド」。北海道では、甘さはやや控えめで、しっかりしたコーヒーのボディ感とミルクのまろやかなコクがあるスタンダードな味が好まれる傾向があります。そのため、マイルドなコクが特長のブラジル指定農園の厳選豆を中心にブレンドし、北海道産牛乳と合わせた、コーヒー強めの設計に仕上げています。

開発者の石井友喜さんは、「北海道のブルーカラー層はバランスの良さを重視しているので、コーヒーとミルクの割合に気をつけました。……しっかりとしたコーヒー感を味わっていただきたいので、深煎りした時にボディ感が出るブラジルの豆……その中でも香りが高く後味にかすかな甘みを感じさせる(セラード地区)ミアキ農園の豆を中心に使っているので、満足感と気分転換の両方を感じていただけると思います」とコメントしています。

パッケージは、北海道の自然とブラジル農園を描いた開放的なデザインに、スタンプや地図で北海道限定の特別感を表現しました。

また、250g缶のシェアは全国が7%なのに対し、道内は16%と高いことも判明(インテージ北海道調べ)。とりわけ40~50代のブルーカラー層にその傾向が強いこともわかりました。クルマ社会であり運転しながら飲むことが多いためと推測されており、このことから250g缶スタンダードタイプの商品を開発することとなりました。

なお、「BOSS」ブランドでは、2015年に全国7地域の嗜好に合わせたご当地ブレンド「ボスレインボーマウンテンブレンド」を発売したことがあり、それに続く北海道限定商品になります。

北海道限定缶コーヒー「BOSS 北海道オリジナルブレンド」新登場!

 「ボス 北海道オリジナルブレンド」の発売に先立ち行われた記者会見で、サントリーフーズ株式会社の小島利明北海道支社長は「今年は、これまで以上にエリア・地元を大切に、活動を強化していきたい」と決意を表明しました。

希望小売価格は115円(税別)。北海道の缶コーヒーラバーの皆さんにおすすめの一本です。飲んだ後には晴れやかな気持ちになれると思いますよ!

北海道ファンマガジン読者の皆さまにプレゼント!

記事でご紹介した北海道限定「ボス 北海道オリジナルブレンド」5缶パックを6名様にプレゼントします! 道内外のボスファンの皆さまはもちろん、これまでご縁のなかった方もふるってご応募ください。

賞品:サントリー「ボス 北海道オリジナルブレンド」5缶セット
当選者数:6名様
応募期間:掲載日~2017年4月30日(日)
当選発表:賞品の発送をもって代えさせていただきます。
発送予定:2017年5月上旬にお届け予定です。
応募方法:お問い合わせフォーム「読者プレゼント」より必要事項を入力の上ご応募ください。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。