トピックス

連載「オホーツクまち発見!! 旅紀行」が書籍になりました!

北海道ファンマガジンで連載中の「オホーツクまち発見!! 旅紀行」が2018年3月26日、本になって発売されましたので、お知らせいたします。

「オホーツクまち発見!! 旅紀行」とは?

同連載は、2011年以来「オホーツク観光大使」を務める斜里町ウトロ出身のlaufen(ラウフェン)Cuka(くか)さんが取材・執筆しています。連載の第一回はちょうど5年前、2013年3月27日に掲載された「冬の知床で流氷ウォークとオオワシ・オジロワシウォッチングを体験!」と題する記事でした。

▼書籍の口絵にもなった「天に続く道」(斜里町)
連載「オホーツクまち発見!! 旅紀行」が書籍になりました!

一年後の2014年4月には、FM北海道(Air-G')にて初のラジオレギュラー番組「laufenのkita-note」(ラウフェンのキタノート)がスタート。番組内でオホーツク地方をはじめとする北海道の人たちにインタビューし、その内容を文字起こしして北海道ファンマガジンで掲載するようになりました。ラジオ番組とのコラボ記事は2017年2月26日まで続きました。

そして現在も、撮影担当のlaufen克さんと共にオホーツク地方を中心に取材し連載を続けています。これまでに掲載してきた記事数はなんと78にのぼります!(執筆時、連載に限る)

そして、ついに書籍化!

最初の記事掲載から5年。北海道ファンマガジンの連載「オホーツクまち発見!! 旅紀行」のアーカイブを中心にまとめた書籍『laufen Cukaのオホーツクまち発見!! 旅紀行』(著:laufen Cuka/発行:柏艪舎/発売:星雲社)がついに発刊されることとなりました。

連載「オホーツクまち発見!! 旅紀行」が書籍になりました!

この本にはラジオ番組のインタビューを文字起こしした記事はもちろん、北海道ファンマガジンで連載を始めた頃から最近の記事までが一部書き直しの形で掲載されており、オホーツクの情報が盛りだくさんとなっています。また、克さんが愛してやまないガラナの話、苫小牧市の王子イーグルスの話、連載には載っていないテーマも扱っています。全240ページ超! 読みごたえがあります。

札幌を中心とした全国書店、AmazonONDOKO、laufenのウェブショップ(4月上旬開始予定)などでお求めいただけます。この機会にぜひ手に取っていただけますと幸いです。――編集部

laufenのお二人からのメッセージ

連載「オホーツクまち発見!! 旅紀行」が書籍になりました!

laufen Cukaさんより

ラウフェンは2011年からオホーツク観光大使として活動してきました。それまでは音楽活動しかしてこなかった私達ですが、連載を始めたことがきっかけでたくさんの方に出会い、地元の事も知ることができて毎回とても楽しかったです。開始初期は経済的に厳しくて、車中泊をしたのもいい思い出です(笑)。

連載の書籍化は私の夢でした。AIR-G'でのインタビューも含め、2013年からずっと積み上げてきたものがこのような形で本として発表できたことを大変嬉しく思います。

この本は私達だけでは作ることのできなかった本です。いつも応援してくださっているファンのみなさんや、北海道ファンマガジンの記事を読んでくれているみなさんの力もお借りしてみんなで作り上げた一冊だと思っています。

これからもラウフェンは音楽活動とともに北海道、オホーツクのことを知ってもらう活動をしていきます。今後ともぜひ応援よろしくお願いします!

laufen 克さんより

今回は主に表紙や口絵の写真撮影で参加させていただきました。Cukaの取材に同行してオホーツクの様々な場所に行ったり、ラジオで毎週色々な方のお話を聞けて本当に勉強になることばかりでしたし、オホーツクの魅力をたくさん知ることができました。

本を読んだ方が実際に現地を訪れてもらえたら嬉しいですし、オホーツクにお住まいの方にも地元の魅力を再発見していただけたら嬉しいです。

今回はオホーツクという一つのテーマで書籍とCDとMVの同時発表という形を取りました。是非本と一緒に音楽と映像も楽しんでください!

同時リリースのMVとCDはこちら!

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。