学ぶ

青函連絡船の歴史1(初期)

編集部
Written by 編集部

青函連絡船の歴史1(初期)

 本州の青森県青森市青森駅(青森桟橋)と、北海道函館市函館駅(函館桟橋)とを結ぶ、いわずと知れた青函連絡船(国鉄青函航路)。戦時下の壊滅的打撃、そして洞爺丸台風の悲劇といった数々の試練に遭遇しながらも、長年、北海道・本州間の人・物資の輸送の面で、重要な役割を担ってきました。ここでは国鉄青函航路を中心に、前後して青森と函館を結んできた航路を紹介します。

青森~函館間の航路の始まり

 それ以前も船は行き来していましたが、定期航路として始めて設定されたのは明治時代初期の1873年のことでした。1月には開拓使が青森~函館間と函館~安渡(現在のむつ市大湊)間に汽船「弘明丸」を就航させ月3往復合計6往復、また2月には民間初運航として小田藤吉が青森~函館間に蒸気船「青開丸」を就航させ月4往復、それぞれ運航したのです。同年、北海道では函館~札幌間に札幌本道が開通し、道央とのアクセスも以前よりスムーズになった、そんな時期でした。ちなみに、当時は青森駅も函館駅も開業していませんでした。

 航路開設後利用者は増加。開拓使運航のものは増強され隔日12往復となります。1879年には三菱会社による郵便汽船が定期航路を開設、引き継ぐ形で、開拓使の航路は廃止されました。その後1882年から共同運輸も加わり、1885年にはその2社が合併する形で「日本郵船」による運航が開始されました。

 そして1908年3月7日、国鉄(当時は帝国鉄道庁)によって鉄道連絡船の青函連絡船が開始されました。それから2年間は前述の日本郵船も運航していましたが、1910年3月に航路を廃止し、青函航路は国鉄による独占状態になりました。

ここまでの年表
1873年(1月) 開拓使が青森~函館間と函館~安渡間に定期航路開設
1873年(2月) 青函定期航路では民間初の青森~函館間に定期航路開設
1879年 三菱会社の郵便汽船が運航開始
1882年 共同運輸も青函航路に加わる
1885年 三菱と共同が合併し日本郵船が運航開始、開拓使は撤退
1891年9月1日 青森駅開業
1902年12月10日 函館駅(現在の函館駅とは違う・後の亀田駅)開業
1904年7月1日 函館駅開業
1904年10月15日 函館~小樽間鉄道全通
1906年11月1日 青森駅国有化
1907年7月1日 函館駅国有化
1908年3月7日午前10時 帝国鉄道庁が鉄道連絡船青函連絡船開設
1910年3月10日 日本郵船航路廃止、国鉄一本化へ

青函連絡船時代

 1908年3月7日、青函トンネル開通まで続く国鉄による青函連絡船が開業しました。開業時の所要時間は約6時間で、1船目である蒸気船「比羅夫丸(LTJR)」が1日1往復しました。1ヵ月後の4月4日には「田村丸(LFJF)」も加わって1日2往復、所要時間4時間と短縮されました。

 1914年からは、艀(はしけ)「車運丸」が鉄道車両運送を開始、1924年には初の列車車両運搬も可能な渡船「翔鳳丸」が運航することになりました。しかしある問題がありました。本州の鉄道車両の連結器は創業以来イギリス由来のため「ねじ式」、一方の北海道は創業以来アメリカ由来の「自動連結器」でした。統一しなければいけなかったのですが、翔鳳丸が北海道の連結器に対応して作られており、1925年7月に一斉に交換されました。北海道に合わせて全国が変更されていったというわけです。

 1925年8月には本格的に貨車運搬がはじまりました。従来の艀よりも効率がよく、北海道の新鮮な魚介類が関東に輸送されるようになったはじまりでもありました。1926年11月からは4本線路を備えた貨物専用の船「青函丸」も導入されました。1944年には現在のフェリーターミナル近くに有川桟橋も開設され貨物専用積み下ろし場として活用されました。

ここまでの年表
1908年3月7日 青函連絡船開業(比羅夫丸(1480t/LTJR))1日1往復(6時間)
1908年4月4日 田村丸(1479t/LFJF)就航1日2往復(4時間)
1910年12月15日 函館駅先の函館桟橋を供用開始
1914年12月10日 艀の車運丸が就航し鉄道車両搬送
1915年6月16日 函館駅の先に函館桟橋仮乗降場設置
1918年6月18日 木造貨物船白神丸(837t/NWLG)就航
1918年10月16日 木造貨物船竜飛丸(841t/RFNV)就航
1919年4月3日 貨物専用船第一快運丸(1081t)就航
1919年4月6日 貨物専用船第二快運丸(998t)就航
1922年11月18日 関釜航路の壱岐丸が就航
1924年5月21日 初の客載車両渡船翔鳳丸(3460t/SPWB)就航
1924年10月11日 翔鳳丸型客載車両渡船初代津軽丸(3431t/STDV)就航
1924年10月15日 比羅夫丸引退(後に大阪へ移籍)
1924年11月11日 翔鳳丸型客載車両渡船松前丸(3485t/STND)就航
1924年12月11日 田村丸引退(稚泊連絡船の後大阪へ移籍)
1924年12月30日 翔鳳丸型客載車両渡船飛鸞丸(3459t/STMN)就航
1925年8月1日 本格的に車両渡船の車両運搬開始
1925年9月3日 貨物船の白神丸、第一快運丸、第二快運丸が引退
1926年4月2日 竜飛丸引退
1926年12月12日 初の貨物専用青函丸型車両渡船第一青函丸(2326t/JFYH)就航
1927年6月8日 艀の車運丸が引退
1930年9月 貨物専用青函丸型車両渡船第二青函丸(2493t/VGRM)就航
1930年10月1日 函館桟橋仮乗降場を函館駅へ統合
1936年 艀の車運丸がスクラップ
1940年11月25日 貨物専用青函丸型車両渡船第三青函丸(2789t/JGWN)就航
1942年5月20日 関釜航路の新羅丸(3020t)が就航


青函連絡船の歴史1(初期)
青函連絡船の歴史1(初期)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。