味わう

恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」

2017年8月、JR恵庭駅東口から徒歩1分のところに、紅茶の喫茶店「アグラクロック」がオープンしました。新千歳空港や札幌駅からもアクセスがよく、旅人たちが立ち寄って長居をしたり寝転んだり、新たな交流が生まれる場として定着。道内各地の情報が集まる「ハブ」のような役割も担っているというだけに、一度は訪れてみたい1軒です。

「コーヒーが飲めず、紅茶が好き」というオーナー水野莉穂さん(24歳、トップ写真)は、コーヒーは出さずに紅茶だけで勝負しています。一般的な紅茶専門店との違いは? 寝転がれる喫茶店ってどういうこと? メニューは? などなど、好奇心に火がつき、取材してきました。

▼JR恵庭駅から徒歩1分とアクセス抜群のアグラクロック
恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」

コンセプトは「夢中ステーション」

一般的に紅茶専門店というと、クラシック音楽が流れ英国ムードの漂う中、メニュー表には「ウバ」「ルフナ」「キャンディ」「アールグレイ」「オレンジペコ」などのストレートティーや、スパイスやフルーツのアレンジティーがずらり。スイーツは定番のアフタヌーンティーかワッフルセットといったイメージを持つ人も多いのでは。

しかし、アグラクロックでは扉をあけて、真っ先に目に入るのが「玄関」です。英国式どころか、和式(!?)で、靴を脱いであがります。水野さんが手作りしたという空間は大きな木のテーブルや椅子、アフリカンドラムジャンベやギター、旅人マップや、旅に関する本、絵本が100冊以上配され、まるで「ゲストハウスのリビング」のようです。

▼手作りしたというアグラクロックの店内
恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」 恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」

▼お客さんの出身地に名前を書き込んでもらう旅人マップ
恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」

「店のコンセプトは夢中ステーションなんです」と水野さん。店内にあるものはすべて水野さんが夢中になったものばかりなのだとか。紅茶も夢中になったことのひとつです。

小樽の香り、マシュマロミルクなど気になる紅茶メニュー

恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」

そんな水野さんの店で飲める紅茶は「フレーバーティー」(600円)がメイン。りんごとバラのほんのり甘い香りがおいしい「マリーアントワネット」、マンゴーとピンクペッパーのアクセントが印象的な「ダルマ」、ジャスミンとフルーツの爽やかな香りが楽しめる「小樽の香り」などなど。「フムフム、小樽を紅茶で表現するとこうなるのかい! 潮の香りがしないべさ」と、わけわからん(!?)感嘆がもれます。

▼どれも気になるフレーバー
恵庭駅から1分!新たな交流生み出す紅茶の喫茶店「アグラクロック」

水野さんのおすすめは「マルコポーロ」(650円)。ということで、注文してみました。ブレンドの中身は秘密とのことですが、ヒントは中国の魅惑のフルーツとチベットの不思議な花だとか。一口飲んでみて「あ、わかった、アレだ」。

他にはアレンジティーの「蜂蜜ゆず」「蜂蜜ジンジャー」「アップルシナモン」「煮出しミルク(チャイ)」やインスタ女子に人気の「マシュマロミルク」などなどがあります。紅茶はティーポットにおかわり分までたっぷり入っているのがうれしいところ。

誰もが知っている「紅茶」ですが、いざ、紅茶の店で注文するとなると、いろいろなメニューがあって、選べないという声も。そんな時は水野さんにご相談ください。「あなただけのチャイ」など、メニューにない紅茶を提案されることもあるのですよ。

筆者について

Aちゃん

(プロフィール情報は公開しておりません)