旅する

阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

道東の阿寒は、手付かずの原生林と湖、そしてマリモや温泉といった大自然を求めて、日本国内はもとより、世界からも多くの観光客が訪れるエリア。夏はマリモ見学の遊覧船を始め、森林浴や登山といったアウトドア。冬は湖上でのワカサギ釣りやスノーモービルなど、さまざまなアクティビティが充実しています。

その阿寒で、7月5日から新しい試みが始まりました。その名前は「カムイルミナ」。筆者も、前日のメディア向け内覧会で実際に体験してきました! 阿寒をよく知る方もそうでない方も、この先をぜひ読んでみてください。

カムイルミナって?

▼ゲートをくぐって物語はスタート!阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

「カムイルミナ」とは、カナダに本社を持つ世界最先端のデジタルアート集団、Moment Factoryが世界レベルで展開する「ルミナナイトウォーク」シリーズの最新作。

阿寒湖畔を巡る「ボッケ遊歩道」1.2kmを舞台に、この地に伝わるアイヌの物語を、デジタル技術を駆使した斬新な映像とサウンドで演出するという、幻想的な夜のアトラクションです。

▼フクロウとカケスが活躍するストーリー
阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

人間の大切な食料となる、動物たちを敬わなくなった人間たちに対し、怒ったカムイが、食料となるシカや魚を人間の世界に送ることをやめてしまうことから、物語は始まります。

人間たちを心配した村の守り神であるフクロウは、出会ったカケスに願いを託し、カムイの世界へメッセージを届けに向かわせるのですが、ストーリーは思わぬ方向へ……。

▼暗闇にひっそりと輝くマリモ
阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

阿寒アイヌに伝わる「大飢饉から人々を救ったカケスの神の物語」をベースに、アイヌ民族が大切にする「自然との共生」というテーマを、子供から大人まで、誰もがわかりやすく楽しめるようになっています。

また、入り口で全員に渡される「リズムスティック」という光る杖を使い、その場の誰もがストーリーに参加できるよう、巧みな仕掛けがほどこされているのも大きなポイント。

「暗闇を感じる」という演出

▼美しく浮かび上がる原生林
阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

世界初となる国立公園でのルミナナイトウォークは、自然環境への配慮とデジタルアートの演出を両立させるべく、地元の「阿寒アドベンチャーツーリズム株式会社」と「NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構」が、Moment Factoryと手を組み、構想段階から2年を掛けて企画・制作したプロジェクト。

そのため、1.2kmという比較的長いコースにもかかわらず、凝った演出が随所にちりばめられ、終わりまで飽きることがありません。

また、ボッケ遊歩道は日中の観光客が多いスポットでもあるため、カムイルミナのために設置した機材はうまくカモフラージュされ、「見せない」配慮がなされています。筆者も明るいうちに散策してみましたが、ほとんど目に止まりませんでした。

▼リズムスティックを頼りに、暗闇の奥深くへ
阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

さらにこのカムイルミナは、自然そのままの暗闇を必要以上に照らすことなく、演出に活かしているような印象を受けます。

さまざまな色に変化するリズムスティックの明かりを頼りに、参加者みずからが真っ暗な散策路を歩き、原生林の息づかいや湖からそよぐ風、ボッケから漂う香りなどを、目や耳以外の五感で感じ取ることができるからです。

▼最先端のデジタルアートが次々と出現
阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

そこへ突如現れる、映像とサウンドによるストーリー。劇場や家庭で見る映像とは違う、全く新しい体験が得られるのではと感じました。

「アドベンチャーツーリズム」の阿寒へ

阿寒湖温泉では今、「アクティビティ」「自然」そして「異文化交流」という3つの要素を核とする旅行形態、「アドベンチャーツーリズム」を推進する取り組みが始まっています。

▼レーザー光線で赤々と煮えたぎるボッケ
阿寒の森でナイトウォーク!「カムイルミナ」がグランドオープン

その一つが、今回オープンした「カムイルミナ」。手付かずの大自然が守られてきた阿寒と、古くから受け継がれてきたアイヌ文化の魅力を組み合わせ、世界に向けて発信しようとするこの試みは、Moment Factoryによる斬新なデジタルアートの演出と相まって、多くの観光客に受け入れられるのではないでしょうか。

アドベンチャーツーリズムの聖地を目指すという、これからの阿寒に期待したいですね。

【動画】映像で観る「KAMUY LUMINA」

KAMUY LUMINA公式サイト
開催期間/営業時間(2019年度):2019年7月5日~2019年11月10日、日没後30分後〜22:30(7〜10月)、日没後30分後〜21:30(11月)
・所要時間は50〜60分
・日没30分後からスタートのため、日毎に若干の時間変動あり
・雨天も実施(特別警報や天候により中止する場合あり)
スタート地点:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目5-20
チケット:大人(中学生以上)前売2,700円、当日3,000円/小人(小学生)前売1,350円、当日1,500円
・「KAMUY LUMINA」と阿寒湖アイヌシアターイコㇿで上演中の「ロストカムイ」との共通チケットは3,800円
・前売りは公式サイト、または各ホテルにて販売。当日券は、カムイルミナチケットブースにて販売
・未就学児は無料
・障がい者優待あり(障がい者手帳を持参)
問い合わせ:阿寒アドベンチャーツーリズム
TEL:0154-67-3200

筆者について

五位野健一

五位野健一

1969年釧路生まれの自称不動産投資家で大家さん。通称ゴイケン。 長年の東京生活を離れ、現在は郷里で中古不動産の再生&賃貸業を営む。 「クシロマニア」では日本の他にない、道東ならではの情報を探している。 将来は自分のアトリエを持ち、アーティスト活動を目論んでいる様子。【Sクラス認定ライター】