旅する

サロベツ原野の丘にポツンと木造民宿。その名は、あしたの城(じょう)!

石簾マサ
Written by 石簾マサ

北海道の北の方、宗谷地方にあるサロベツ原野の小高い丘に、ポツンと建っている一軒家があります。木造で三角屋根が印象的なその建物、実は民宿なんです。とにかく周りにあるのは大自然のみ。広い空と広い大地の真ん中に堂々と建つ姿は、それだけで「こんなところに泊まってみたい!」と思わせるのに十分な説得力があります。しかも宿の名前は「あしたの城(じょう)」。なんだか面白そうじゃありませんか?

四季折々の自然に抱かれるような感覚

▼自然以外は何もない宿の周辺
サロベツ原野の丘にポツンと木造民宿。その名は、あしたの城(じょう)!

百聞は一見にしかず。「あしたの城」の外観写真は、どれもこれもうっとりするほど美しい自然に囲まれていて、見ているだけで泊まりたくなります。

▼冬景色にも惹かれること必至(写真提供:あしたの城)
サロベツ原野の丘にポツンと木造民宿。その名は、あしたの城(じょう)!

小樽から稚内まで380kmの海岸沿いを走るオロロンライン。そこから天塩郡にある道道444号線に入り、JR豊富駅方向、東へ2.5kmほど走ったところに、民宿の建つサロベツ原野の小高い丘があります。道道444号線沿いに私道への入口を示す看板が出ているので、見逃さないように気をつけてください。

▼「あしたの城」と書かれた看板
サロベツ原野の丘にポツンと木造民宿。その名は、あしたの城(じょう)!

「あしたの城」に泊まるということは、まさに自然を肌で感じるということ。春には広い空を列をなして飛んでいく渡り鳥の姿を眺め、夏はユリ科であるエゾカンゾウの可憐な花を愛で、秋は見事な草紅葉に溜め息を漏らし、冬はどこまでも白く染まる雪景色に思いを馳せる。そんな四季折々の楽しみが、ここにはあります。また、新月の夜は満天の星を仰ぐこともできるし、天気がいい日には朝日の昇るサロベツ原野や、夕やけに染まる利尻富士も見ることができます。

▼夜になると満点の星が!
サロベツ原野の丘にポツンと木造民宿。その名は、あしたの城(じょう)!

人気の宿とあって、夏にはライダーたち、冬にはスノーシューやクロスカントリーなどウィンタースポーツを目当てに訪れる人たちも。それぞれが、それぞれの楽しみ方で、自然と親しんでいるのです。

▼上空からの写真で改めて自然に囲まれた宿だと再確認(写真提供:あしたの城)
サロベツ原野の丘にポツンと木造民宿。その名は、あしたの城(じょう)!

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】