旅する

有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」

中瀬りあの
Written by 中瀬りあの

今回「秘境の滝巡り」ということで、北海道の知られざる滝を探していたのですが、観光で有名な滝でも数年前から現在まで、見に行くことができない場所がいくつもあることがわかりました。

その理由は今から3年前、日本列島へ立て続けに上陸した台風12号と11号による「平成26年(2014年)8月豪雨」、さらに同年9月に北海道を襲った記録的な大雨の影響で、滝までの道が川の氾濫等で寸断されたためです。

そうなると少なくとも3年は人が入っていないことになるので、現在では秘境と言えるのではないでしょうか。以前は名の知られた有名な滝も、現在はどのようになっているのか、とても気になります。これは行かざるを得ません。

準備とルート設定

今回は千歳市にある「美笛の滝」へ向かいました。アイヌ語で「小石原にある川」を意味する「ピプイ」を語源とし、千歳川の支流の一つ「ソウオン美笛川」にある滝です。「ソウオン」はアイヌ語で「滝に入る」という意味ですので、名前からして惹きつけられます。

場所は国道276号線(支笏国道)から林道へ入るのですが、入り口に看板があるのでわかりやすいでしょう。

有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」

林道へ入るとすぐに「災害のため、美笛の滝駐車場に行けません」という看板があります。こちらの滝は、前述の災害の影響で、現在は道路が寸断されており駐車場までたどり着けません。以前あった滝までの探勝路も現在は管理されていない状態ですので、滝を見に行くには、石狩森林管理署から入林承認証を発行してもらい、千歳森林事務所森林官の指示を受けなければなりません。さらには、かすかな道の痕跡を探して藪をかきわけるか、沢登りをするしかない状態です。

有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」
▼林道を1.3km程進むと看板があります
有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」
▼道路が50m程寸断されています
有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」

探勝路の痕跡を探すより沢登りの方が間違いなく滝へ通じるので、沢登りで行くことにします。寸断された道路から沢へ入り、滝までは約1km。前回の「4つの滝」より距離はありませんし、川幅も狭く流れている水量もかなり少ないですが、斜度はけっこうあります。

川にある石は、上流へ行くにつれ大きな岩となり、岩をよじ登らなければならない事もありますので、沢登り用の靴と手袋は必要です。

秘境感満点!ソウオン美笛川

入渓し登り始めて5分と経たないうちに、周りの岩が大きくなり、折れた木が行く手を塞いだりしています。折れた木の太さを見ると、改めて自然の力というものを感じます。

有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」

ゆっくり慎重にルートを選び、登っていくのですが、川のカーブを曲がる度に新鮮な光景が目に入ります。以前使われていた山道では、見ることができないであろう景色は、まさに異世界の様相です。

▼苔が生した緑色の岩が連なる沢
有名な滝が秘境化?滝壺なく階段状に流れ落ちる 千歳「美笛の滝」

AirBookmark

筆者について

中瀬りあの

中瀬りあの

スポーツ万能インドア派を目指してきて、はや40代。アウトドアスポーツは何でも挑戦。インドアでは世代的にゲーム好き。(どちらも上手くはない)子供のように何にでも興味はある。