味わう

今日も自家製酵母パンとスープが待っている。士別市のカフェ「cotori」

北海道士別市、市街地からは少し離れた東側の丘の中腹に、「bakery&cafe cotori」はあります。国道に面するわけでもなければ、遠くから建物が目立つとも言えない。だけどcotoriさんは、その味を、その空間を目指してやってくるお客さんでいつも賑やかです。

まるで小鳥のように、と言えば失礼かもしれませんが、cotoriさんにやってくるお客さんは木々に立ち寄るように憩い、木の実をついばむように時間をかけて食事を楽しみます。この空間の愛らしさ、憩いの場としての雰囲気は、どのように作られているのでしょうか。

板張りの赤が可愛いお店

今日も自家製酵母パンとスープが待っている。士別市のカフェ「cotori」

お店は赤い板張りの壁が特徴的。お店に続くドアへと進むと、薪にまぎれて置いてある可愛い無垢木の表札が。

今日も自家製酵母パンとスープが待っている。士別市のカフェ「cotori」

扉を開けるとすぐにパンの陳列ケースがあります。並んでいるのは、一週間かけて作った、自家製酵母を使用したパン。

今日も自家製酵母パンとスープが待っている。士別市のカフェ「cotori」

どっしりと重みのあるパンは密度が高く、どれも噛めば噛むほど素材の味が口に広がります。噛み応えのある自家製酵母パンは、ナチュラルな道産小麦の風味を引き出すあら塩とてんさい糖が基本の味。強い甘みも塩気もありません。

そこへ、種類ごとにフルーツやナッツのほのかな甘味、ピリッとしたペッパーの香りや、チーズの塩気が乗せられて、小麦の味はさらに引き立ちます。

このパンを目当てに来店し持ち帰る方もいれば、奥のカフェスペースでゆっくり寛ぐ方も。

今日も自家製酵母パンとスープが待っている。士別市のカフェ「cotori」

シンプルなメニューだけど飽きない味

少し、店内でいただけるメニューのご紹介をさせてください。

今日も自家製酵母パンとスープが待っている。士別市のカフェ「cotori」

こちらはスープとパンのセット(パンプキンスープにフルーツパンの組み合わせ)。400円のスープにプラス100円でお好みのパンが食べられる、お得なメニューです。

スープは日替わりで、内容はそのときどきの野菜の様子などを見て前日に決めるそうです。「数えたことないけど、シンプルにその素材で作るので……」と指折り数える様子を見るに、今まで作ったもので10種類程度は優にありそうです。毎回違うスープということもあるのはもちろんですが、なぜか3回連続同じスープというお客さんもいらっしゃったそう。

筆者について

ツカダカズシ

ツカダカズシ

北海道士別市朝日町出身。ふるさとで引きこもりながら文芸友達を作るべく、公開・共有型の書斎作りと私設図書館作りを行っている。
創作合宿をするのが直近の夢。