旅する

平成になって発見された滝が長万部町にある!「茶屋川の滝」アタック

ネットなどで様々な滝を調べていると、地形図に記載されていない滝があることに気づきます。国土地理院のウェブサイトに、滝の地図記号は「高さ5m以上でいつも水が流れている有名な滝や好目標となる滝」とあるとおり、高さが5m以上あっても記載されない滝があるということです。

今回取材する滝は平成の世になってから発見された、高さが70~80mもあるという、長万部町の「茶屋川の滝」です。長万部町役場産業振興課の方にお聞きしたところ、茶屋川の滝は1992年(平成4年)、八雲営林署(現 渡島森林管理署)の職員が国有林保安の作業中に発見し、北海道新聞の記事となりました。

その後、1993年(平成5年)に個人が滝の情報をネットで公開し、多くの人が知ることとなったようです。もともとは森の中から聞こえる水音などは確認されていたらしいのですが、深い原生林のために容易に近づくことができず「幻の滝」として囁かれていたようで、発見後は滝の所在住所から「茶屋川の滝」と呼ばれるようになったようです。

平成になって発見された滝が長万部町にある!「茶屋川の滝」アタック

実際、地形図を見ても滝の記載はされておらず、ネットで情報を集めても滝までの詳細な情報は得られません。70~80m程の高さを誇る滝が、なぜ長きにわたり見つからなかったのか、非常に気になります。確実な情報としては、茶屋川の滝は内浦湾へと流れる国縫川の上流にあり、側を通る林道を使えば山の尾根から全景が観られるとのこと。それならば、国縫川の遡行をすれば辿り着けるはずですので、装備を整え実際に行ってみることにしました。

ルートと準備

国道5号線から国道230号線を、今金町方面へ向かい美利河峠の長万部町と今金町の町境付近から林道へ入ります。林道入り口にはゲートがあり、車両で入るには渡島森林管理署の許可が必要です。

収集した情報によると、林道を3kmほど登ると滝の全景が見える尾根の入口があるとのことで、まずは車で向かってみることにしました。しかし、ゲートから500mほど進んだ先に倒木があり通行不能。車でのアタックは早々にして終了となりました。

▼林道をふさぐ倒木
平成になって発見された滝が長万部町にある!「茶屋川の滝」アタック

気を取り直して、沢登りの準備をします。今年はヒグマの目撃例が多いとのことで、いつもの鈴に加え音の鳴る玩具のピストル、さらには匂いで存在を知らせるための森林香、また地形図を見ると、滝を登ることができれば林道へ出ることも可能と考えられるので、ヘルメットも携帯します。

倒木の場所から林道をさらに300mほど進むと国縫川が見えてきます。しばらくは川へ入りやすい場所を探しながら、川沿いの林道を進みます。

平成になって発見された滝が長万部町にある!「茶屋川の滝」アタック

筆者について

中瀬りあの

中瀬りあの

スポーツ万能インドア派を目指してきて、はや40代。アウトドアスポーツは何でも挑戦。インドアでは世代的にゲーム好き。(どちらも上手くはない)子供のように何にでも興味はある。