旅する

実は上質ワインの産地!富良野で「ふらのワイン」を学び、味わおう!

富良野といえば、やはり一般的に知られているのはラベンダー畑でしょう。大地を覆う紫色のラベンダー畑も素敵ですが、実は富良野では上質のワインが作られていることをご存じですか。

ワイン作りが盛んな北欧に似た気候風土と土地条件が、原料ぶどうの育成に適しているという富良野。富良野市ぶどう果樹研究所にお邪魔して、ふらのワインについていろいろ教えてもらいました。

50年近く前にはじまったワイン作り

▼赤い屋根が特徴的なワイナリー
実は上質ワインの産地!富良野で「ふらのワイン」を学び、味わおう!

富良野市でワイン作りがはじまったのは、1972(昭和47)年。日本にワインブームが巻き起こる、まだずっと前のことです。そもそものはじまりは、農業振興が目的でした。農家が栽培したワイン用原料ぶどうを市が買い取ることで、農業の安定を図ったのです。

▼歴代のワインを保管しているサンプル室
実は上質ワインの産地!富良野で「ふらのワイン」を学び、味わおう!

しかし、ワイン作りは順風満帆というわけにはいきませんでした。凍害による枝枯れ、長雨による裂果や病害、ハチ・ムクドリ・エゾシカ・ヒグマなどの食害などなど、生産者の苦闘が続きました。それでも品種改良や栽培技術の導入を重ねることで、良質なぶどうを育てることに成功し、また優れた醸造技術と品質管理を実現して、ふらのワインが誕生したのです。

▼樽で1年、瓶で4年熟成させるツバイゲルトレーベ
実は上質ワインの産地!富良野で「ふらのワイン」を学び、味わおう!

現在、ふらのワインは直営農場のほかに、18件の農家と契約しています。ぶどうも20種類以上となり、生産本数は年間25万本に上ります。心を込めて作られた上質なワインは評判も良く、多くのワイン愛好家を惹きつけています。

▼ワインを貯蔵するためのタンク
実は上質ワインの産地!富良野で「ふらのワイン」を学び、味わおう!

ちなみに富良野市ぶどう果樹研究所の工場内は、見学することも可能です。製造工程や熟成庫を見学したり、ワインの試飲を行ったりと、ワイン好きならきっと楽しめるはず。

▼たくさんのワイン樽が積み重なっている
実は上質ワインの産地!富良野で「ふらのワイン」を学び、味わおう!

たとえばワイン樽がたくさん置かれた熟成庫では、フレンチオークとアメリカンオークの2種類が使用されているそうです。フレンチオークは目が細かくて繊細な味になり、アメリカンオークは目が荒くて香味が豊かになるなど、ワインとの相性によって使い分けられているのです。

▼瓶詰めの工程も見学可能
実は上質ワインの産地!富良野で「ふらのワイン」を学び、味わおう!

ワイン作りの見学が終わったら、お待ちかね、試飲の時間です。ふらのワインにはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】