たびまにあの点描北海道 旅する

なかなか予約が取れない!いわない温泉郷・髙島旅館が人気である理由

札幌市から約2時間の場所にある、岩内町のいわない温泉郷。そこに予約受付は電話のみ、それでもなかなか予約が取れない人気の宿と評判の髙島旅館があります。その人気の秘訣を探るべく、ちょうど1年前に4代目当主となった髙島将人さんにお話を伺いました。

▼いわない温泉郷髙島旅館、ロビーと暖炉、四代目当主髙島将人さん
なかなか予約が取れない!いわない温泉郷・髙島旅館が人気である理由 なかなか予約が取れない!いわない温泉郷・髙島旅館が人気である理由

島牧村から岩内町へ

髙島旅館のルーツは島牧村にあり、初代当主である髙島さんの曾祖母が島牧村で旅館を創業したのが始まりです。島牧村時代から数えると宿として86年の歴史があり、先代の当主の時代に企業誘致に応える形で岩内町に進出、1998年から現在の場所で営業を始めました。先代のご夫婦は島牧と岩内でそれぞれ1軒ずつ旅館を経営していましたが、数年で岩内に一本化し、今に至ります。

旅館の当主の息子として育った髙島さんですが、子どもの頃から起業したいという夢はあったものの、旅館を継ぐという選択肢は全くなかったと話します。小学校卒業と同時に親元を離れて学生時代を過ごし、その間に派遣などで様々な業種を経験するも、接客業は選ばなかったそうです。

転機となったのは肉屋でアルバイトを始めた時。その肉屋の店長が居酒屋も経営していたため、初めて接客業の仕事をすることになりました。100種類以上のメニューを手作りで出しているそのお店で包丁さばきを一から学び、正社員になって調理師免許まで取得。同時にお客さんと触れ合う仕事が非常に楽しく、次第に接客業を自分の仕事にしよう、旅館を継ごうという思いが固まってきました。

居酒屋時代のお話で興味深いのは、店長に「自分がしている仕事を任せられる正社員を1人雇って欲しい」とお願いをしたというエピソードです。その理由は「店長はずっと調理をしていて接客ができない。店長が調理場でしている仕事を自分が代わりにして、自分やアルバイトではなく店長本人がお客さんと直接会うようになれば、お店の売上はもっと伸びるだろう」というものでした。

髙島旅館では当主自ら宿泊客を出迎え、お部屋まで案内します。髙島さんはそうやってお客さんと直接顔を合わせることを大切にしており、さらに悩んだときは「何がお客さんにとって一番優しいか」を基準に考えるのです。そんなお客さんへのおもてなしの気持ちを感じられることが人気の理由の一つだと思いますが、そのベースになっている考え方を居酒屋時代に既に持っていたことが分かります。

旅館を継ぐ意思を固めた髙島さんは、27 歳で学生に戻って専門学校で観光学を学び、さらに有馬温泉の旅館に修行へ。有馬温泉で宿を1軒任されるなどの経験を重ねて帰道し、先代である父親の会社をそのまま継ぐのではなく、自分の会社を立ち上げて先代から旅館を買い取る形で4代目当主となりました。

筆者について

温泉ソムリエ・のん

温泉ソムリエ・のん

1974年生まれ、江差町出身。日帰り温泉の湯守をしながら、年間100軒以上の温泉を巡る。温泉ソムリエマスター・温泉入浴指導員ほか6つの温泉資格を持つ。「北海道は1つの大きな温泉郷」をモットーに、全道を走り回っている。