旅する

謎の看板「ケレー酒」が気になる!函館「旧金森洋物店」に行ってみた

函館・末広町電停のすぐそばに、「鶏肉ケレー」「ケレー酒」と書かれた看板を掲げた立派な漆喰の建物があります。ここは、旧金森洋物店の建物を活用した市立函館博物館郷土資料館。謎の食べ物「ケレー」の秘密を探りに、訪ねてみました。

謎の看板「ケレー酒」が気になる!函館「旧金森洋物店」に行ってみた

あの赤レンガ倉庫群の原点と言える場所

旧金森洋物店は、明治時代の商人・渡邉熊四郎が1880(明治13)年に建造した店舗。漆喰造に見えますが実はレンガ造で、函館に現存するレンガ造の商家としては最古の建物です。1階は土蔵造り、2階は3連アーチが特徴的な洋風の造りで、函館らしい和洋折衷建築となっています。

▼内部の漆喰を一部はがした部分から、内部のレンガが見える。「明治9年函館製造」と刻印されており、北海道開拓使が現在の北斗市で焼かせたレンガを用いたことがわかる
謎の看板「ケレー酒」が気になる!函館「旧金森洋物店」に行ってみた

▼当時の金森洋物店の雰囲気を再現した陳列棚
謎の看板「ケレー酒」が気になる!函館「旧金森洋物店」に行ってみた

▼当時の金森洋物店の広告。幅広い取り扱い商品が記載されている
謎の看板「ケレー酒」が気になる!函館「旧金森洋物店」に行ってみた

洋服の生地や舶来の雑貨・小間物、缶詰、ビールなどを手広く販売する店舗として営業し、1925(大正14)年まで現役の店舗として使用されました。その後持ち主が点々としますが、最終的に渡邉家が買い取り、函館市に寄贈しました。1969(昭和44)年より市立函館博物館郷土資料館として見学者を受け入れています。

▼当時の商家の雰囲気を再現した展示室
謎の看板「ケレー酒」が気になる!函館「旧金森洋物店」に行ってみた
謎の看板「ケレー酒」が気になる!函館「旧金森洋物店」に行ってみた

函館で「金森」と聞けば、真っ先に金森赤レンガ倉庫が思い浮かぶ人も多いはず。今ある赤レンガ倉庫は熊四郎の死後に再建されたものですが、もともとは彼が商売のために建てたもの。今も、熊四郎の子孫が代々社長を受け継ぐ金森商船(株)が運営しています。ですから、函館を代表する観光スポットのひとつである赤レンガ倉庫群の原点は、この旧金森洋物店にあると言えるでしょう。

筆者について

佐々木康弘

佐々木康弘

札幌市北区新琴似出身。30歳で函館に移住してからふとしたきっかけでライターの道へ進み、旅行情報誌やネット媒体などを中心に年間70万字以上を執筆。道南地域で毎年100本以上のイベントに足を運ぶイベントウオッチャーとしても活動。【Sクラス認定ライター】