旅する

まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」

編集部
Written by 編集部

まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」

帯広市市街地南端に「真鍋庭園」という美しいガーデンがある。赤い屋根の家、歴史的和風建築物、和風・洋風の庭園と水流と池、滝が織りなす景観は訪れた人をほっとさせる。

真鍋庭園は、24000坪の面積がある日本初のコニファーガーデンとして知られる。もともと明治時代に香川県から開拓で移り住んだ人たちの子孫である第二世代が日本庭園と風景式庭園の基礎を、第三世代が輸入樹木を使って西洋風庭園を拡張し、1966年に一般開放した。それ以来植物のコレクションを年々増やし続けており、数千種に及ぶ。春にはツツジやレンギョウ、夏にはユリ・バラ・ハマナス、秋には紅葉と、四季折々楽しめる。

まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」

エントランスからワクワクさせる造りになっており、ウェルカムアーチが歓迎する。まずは日本庭園。地下約350mから自噴する14度の地下水による鯉の池があり、水面に睡蓮の花、水中に鯉を見ることができる。池の脇には「真正閣」という建築物がある。明治44年に当時の皇太子が帯広市中心部に建築されたという建物で、昭和37年の解体時に譲り受け昭和43年に移築したという。

まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」

まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 さらに進むと、パンフレットの紹介でもよくつかわれている「赤屋根の家」に到着する。昭和52年に住居用として建築した木造建築物である。その先には展望デッキと落差8mの人工滝「オリビンの滝」に行きつく。その水はその先の池を潤す。池の先は水がサラサラ流れる崖になっており、ここの雰囲気は別世界のようである。

まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」 まるでおとぎの国に来たかのよう! 帯広郊外の「真鍋庭園」

終着手前には「リバースボーダーガーデン」という四角い庭がある。カラーリーフプランツ、南並木に銅葉と黄金葉、北並木に銀青葉と緑葉を対象混植している、2400m2に及ぶ初の整形式庭園とのこと。終点にはツリーデッキという木の上の展望台があるので、体力のある人は登ってみよう。

一周で約1時間程度。ワンパターンではなく、多種多様な庭の見せ方をしてくれているので、飽きさせない、そんなガーデンである。

真鍋庭園
所在地:帯広市稲田町東2線6番地
TEL:0155-48-2120
営業:無休、4/28-12/2、8:00~夕暮れ
入場料:大人800円、小中学生200円
URL:http://www.manabegarden.jp/

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。