旅する

一石三鳥!? 大自然と銭湯とラーメンを一度に味わえるGUEST HOUSE MASAGO

馬を横目に海沿いを走る町、浦河町(うらかわちょう)。車を降りて歩いていると、不意に漂ってくるのは食欲をそそるラーメンの香り。目に映るのは銭湯の湯気。そして聞こえてくるのは、さまざまな方言が混ざった笑い声。

ここは、ラーメン屋さんと銭湯の2階にある宿、「GUEST HOUSE MASAGO」です。今回は、五感すべてを使っても足りないほどの浦河の魅力と、2018年1月にオープンした、地元のこだわりが詰まった宿をご紹介します。

風呂入っておいで!の声の主とは

▼初対面を感じさせないお喋りをしてくれるオーナー、大久保さん
一石三鳥!? 大自然と銭湯とラーメンを一度に味わえるGUEST HOUSE MASAGO

GUEST HOUSE MASAGOのオーナーは、大久保直幸さん。ラーメン屋で湯切りをし、銭湯のお湯を沸かし、宿ではゲストさんに気さくに話しかける――。

様々な役割を担う大久保さんは、体験移住者へ向けた自然ガイドのボランティアをしていた経験を活かし、時間を見つけては宿泊してくれたゲストさんをよくアウトドアに連れていくそうです。渓流釣りに、山菜取り、野鳥観察。ご自身もアウトドアが大好きだからこそ、穴場のスポットへ連れて行ってくれて、浦河ならではの自然との遊び方を、実際に体を動かして教えてくれます。

▼大久保さんが作る、道産の素材にこだわったラーメン一石三鳥!? 大自然と銭湯とラーメンを一度に味わえるGUEST HOUSE MASAGO

▼ゲストさんは、1階の銭湯に入り放題
一石三鳥!? 大自然と銭湯とラーメンを一度に味わえるGUEST HOUSE MASAGO

▼ゲストさんを連れて渓流釣り
一石三鳥!? 大自然と銭湯とラーメンを一度に味わえるGUEST HOUSE MASAGO

都会の足音とは違う、馬の足音に耳を傾けて

▼牧場の中だけでなく森の中をホーストレッキングできるのが魅力
一石三鳥!? 大自然と銭湯とラーメンを一度に味わえるGUEST HOUSE MASAGO

ここでは、北海道の自然すべてが遊び場であり、遊び道具です。

そんな浦河町は、札幌から襟裳岬方面へ高速道路を利用して約3時間のところに位置しています。サラブレッド牧場と日高山脈に囲まれた海沿いの町で、夏は涼しく、冬は温暖で雪が少ない穏やかな気候から「北海道の湘南」とも呼ばれています。馬と共存している浦河の人々は、大自然が似合う心の豊かさで、町の外から来た人々を温かく迎えます。

そんな浦河町が取り組んでいるのは、「ちょっと暮らし」と呼ばれる体験移住。都会の喧騒から離れて、馬を囲んで繋がる人々とのゆるやかな生活を求めて、毎年たくさんの応募があるそうです。

一石三鳥!? 大自然と銭湯とラーメンを一度に味わえるGUEST HOUSE MASAGO

筆者について

ずー

ずー

北海道恵庭市出身。恵庭にある紅茶の喫茶店、アグラクロックオーナー。背中のリュックとたびするのがすき。言葉がすき。紙がすき。ライブハウスがすき。お喋りがすき。夢中に飛んでく夢中飛行士。