旅する

頂上には吸い込まれそうな火口が!日本百名山「雌阿寒岳」に登ってきた

北海道の中に、夫婦の山として知られる火山があります。様々なアイヌの伝説がある「雄阿寒岳(1,371m)」と「雌阿寒岳(1,499m)」です。(冒頭写真:オンネトー湖畔より撮影。左が雌阿寒岳、右は阿寒富士)

アイヌ語では雄阿寒岳は「ピンネシリ(男の山)」、雌阿寒岳は「マチネシリ(女の山)」と呼ばれ、それぞれの山の形を見事に形容する呼び名かと思います。しかし女性的な山を連想させる雌阿寒岳には、アイヌの伝説で、夫にあたる雄阿寒岳の浮気による夫婦喧嘩が元で怒っている等の話が伝えられています。

雌阿寒岳の南にある「阿寒富士(1,476m)」を含めたこれらの山をまとめて阿寒岳とも呼ばれていますが、一般的に阿寒岳というと雌阿寒岳のことを指し、日本百名山にも選ばれています。

雌阿寒岳は長径24km、短径13kmにわたる8つの火山からなる成層火山群で、その中央には中マチネシリ火口、最高峰である雌阿寒岳山頂にはポンマチネシリ火口があり、現在も活発に活動している火山です。

雌阿寒岳の噴火の歴史

1954年(昭和29年)~1961年(昭和36年)断続的な小噴火。
1964年(昭和39年)~1966年(昭和41年)断続的な小噴火。
1988年(昭和63年)小噴火。
1996年(平成8年)小噴火。
2006年(平成18年)小噴火。

1900年代初頭の入植以前の活動は知られておらず、入植以降の活動では大規模な噴火はありません。しかし水蒸気爆発による小噴火とはいえ、噴火を繰り返す活発な火山です。

2017年に火山周辺警報が噴火警戒レベル2(火口周辺規制)から、噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)に引き下げられ、雌阿寒岳頂上へ登ることができるようになりました。火山活動が落ち着いている今、どのような姿をしているのか実際に行ってみることにしました。

雌阿寒岳へのアクセス

雌阿寒岳の登山道は幾つかありますが、野中温泉(雌阿寒温泉)からの登山口と、オンネトー湖畔からの登山口がよく使われているようです。国道241号線(足寄国道)から、道道664号線へ入り道なりに進むと野中温泉へ着きます。登山口は野中温泉のすぐ近くで、7~8台停められる駐車場もあり、今回はこちらから登ることにします。

▼雌阿寒岳は足寄町(十勝総合振興局)と釧路市(釧路総合振興局)を跨いで聳える
頂上には吸い込まれそうな火口が!日本百名山「雌阿寒岳」に登ってきた

▼雌阿寒岳登山口。奥に登山者名簿入れがあるので、名前を記入し注意事項を確認
頂上には吸い込まれそうな火口が!日本百名山「雌阿寒岳」に登ってきた

標高によってハッキリとした植生の違いを楽しめる

登山口から標高900mほどまではエゾマツ等の樹林帯が続き、階段状になっている木の根や、倒木に密集する苔の緑が綺麗で、原生林を楽しみながら進めます。

1時間ほど登ると線を引いたかのように樹林帯を抜け、一面ハイマツの林に変わり眺望も開けます。ハイマツといっても背丈は様々で、腰ぐらいの高さやトンネルのような場所もあり、童心にかえってワクワクします。ハイマツ帯も1時間ほど進むと岩が目立ってきて、標高1,200mを越えると砂礫へと変わります。

よく見ると道がわかるのですが、頻繁に確認しないと登山道から外れてしまうので、注意が必要です。標高によって植生の違いがハッキリと見ることができる山ですので、飽きることなく登っていけます。

▼芸術的に感じる樹林帯の登山道
頂上には吸い込まれそうな火口が!日本百名山「雌阿寒岳」に登ってきた

▼ハイマツ帯からオンネトーも見えてきた
頂上には吸い込まれそうな火口が!日本百名山「雌阿寒岳」に登ってきた

▼岩にある赤や黄のペイントが道のしるし
頂上には吸い込まれそうな火口が!日本百名山「雌阿寒岳」に登ってきた

筆者について

中瀬りあの

中瀬りあの

スポーツ万能インドア派を目指してきて、はや40代。アウトドアスポーツは何でも挑戦。インドアでは世代的にゲーム好き。(どちらも上手くはない)子供のように何にでも興味はある。