旅する

石狩市に待望の道の駅誕生!オーシャンビューが魅力の「あいろーど厚田」

2018年4月27日(金)、石狩市厚田区の国道231号線沿いにあるあいろーどパーク内に、道の駅石狩「あいろーど厚田」がオープンします。

この道の駅は、国土交通省から「重点道の駅」にも選定され、地元の名産品がすべて揃う複合型施設。南北に長い石狩市の歴史や文化、豊かな自然環境の発信など、地方創生の拠点としても大きな役割を担う地域住民待望の観光スポットとして誕生します。

名称の「あいろーど」は、幸せを運ぶといわれている厚田の海風「あい風」、石狩市の頭文字である「i」、浜益地区にある愛冠岬の「愛」の3つをつなぐ道という意味を込めて名付けられました。

風光明媚な海岸線が続く国道231号線のドライブが、またひとつ楽しくなる新しい道の駅は、27日のオープンに向けて着々と準備中。ひと足先にその全容をご紹介します。

厚田が蕎麦の産地? 知らなかった名産品がずらりと並んだショップが楽しい!

石狩市に待望の道の駅誕生!オーシャンビューが魅力の「あいろーど厚田」

札幌の中心街から車で約1時間10分。石狩市の中央に位置する厚田地区は、漁業や農業が盛んな自然豊かなまち。厚田漁港からほど近い、あいろーどパーク内の丘に建つ道の駅石狩「あいろーど厚田」は総事業費14億円をかけた3階建ての建物です。

2階部分まで吹き抜けになったエントランスは、エスカレーターやエレベーターを設置したバリアフリー設計。陽の光がたっぷりと射し込む明るい空間になっていて、寒さの厳しい季節には、なんと床暖が入るという驚きのフロアです。足元からポカポカのおもてなしが嬉しいですね。

1階にある「石狩の味覚と地域情報のフロア」では、お米やジャム、ワインや清酒など、石狩市全域の地場産品がすべて揃う販売ショップがあり、国内友好都市として親交がある石川県輪島市や沖縄県恩納村の特産品も数多く並んでいます。北海道に居ながら、遠く離れた他県の特産品を手に取ることができますよ。ここで買い求めたお土産は、地方発送をすることもできるのでとても便利です。

石狩市に待望の道の駅誕生!オーシャンビューが魅力の「あいろーど厚田」

石狩市に待望の道の駅誕生!オーシャンビューが魅力の「あいろーど厚田」

石狩市に待望の道の駅誕生!オーシャンビューが魅力の「あいろーど厚田」

石狩市に待望の道の駅誕生!オーシャンビューが魅力の「あいろーど厚田」

また、休憩スペース内にある通年営業の飲食店「十割蕎麦とおにぎりの店・一純」では、地域の食材にこだわったメニューを提供。厚田産のそば粉で作った十割蕎麦や、地元で収穫したお米(おぼろづきとななつぼしのオリジナルブレンド米)と、輪島の塩を使ったおにぎりが味わえます。

ニシンの漁場でもある厚田に来たら、やっぱり食べたい「にしんそば」(税込900円)。驚くほどのど越しのいい十割蕎麦は、春鰹のかつお節や宗田節など、数種類の素材で作る濃厚な出汁に、甘く炊かれた身欠鰊のトッピングが絶妙なおいしさを奏でる逸品です。

おにぎりはテイクアウトもOK。建物の2階からダイレクトにアクセスできる「こども広場」に移動して、海を見ながら食べるのも気持ちがよさそうですよ。

道の駅としてのコンテンツも充実しています。「地域観光情報コーナー」では、石狩市の見どころを掲載したパンフレットやマップ、輪島市と恩納村の紹介リーフレットなど豊富に取り揃えています。インフォメーションの隣には、道の駅をめぐるスタンプラリーコーナーも隣接し、バスの待合コーナーや24時間使用できるトイレも完備しています。

ここで、レア情報をひとつご紹介。

石狩のご当地スイーツの定番といえば、浜益地区の「ふじみやのどら焼」がありますが、ここでしか買えない「特大サイズ」(直径約18センチ)を数量限定で販売。噂によると顔より大きいとのことで、これはもうインスタ映え間違いなしですね!

筆者について

上坂由香

上坂由香

北海道札幌市出身。ぶらりひとり旅が大好きなエッセイスト。主に競走馬や旅先で見つけた素敵な風景を文字の中に綴っています。赤提灯を見つけると、自動的に入店してしまうクセが治りません。